So-net無料ブログ作成

車のクラクション、事故を防ぐ時は必ず鳴らす~一時停止しない急な飛び出しや車線変更 [運転]

クラクションを無闇に鳴らさないと習ったと思いますが、

一時停止しないで急に出てくるクルマに対しては、やはり

鳴らすことで事故を防げます。交通量の多い道路で、合流

しながら強引に二車線分変更する車、特にダンプやタンク

ローリーが多いですが、幅寄せされるなら鳴らすべきです。

自転車に対しては、斜め横断するケースは鳴らした方がいい

です。






一時停止しない車は、確認もしない


一時停止しない車は、おそらく免許を取ってから一度も

止まっていないのではないかというくらい、徐行で通過

しようとします。結果として、歩行者や自転車と接触したり


通過直前や通過中の車両に側面衝突します。それを防ぐ意味

でクラクションを鳴らす訳ですが、一時停止してちょっと

見えれば、こちらも待ったり減速する余裕ができて、鳴らす


必要がなくなります。

バックで車道で出てくる場合も、接近していたら...


車の後退、運転しながら後ろを見る(普通車)とかモニターで

確認(トラックやバス)とかするのが基本ですが、ああ面倒

くさいとかで見ないでやっている車同士でぶつかっている


のを二回ほど目撃しました~どっちも下手な見本で、普通どっち

かが待つかすればいいのに、免許歴20年くらいの人たちだった

のにです。


バック車優先は基本ですが、通過中に接近してきたらぼんやり

と思って十分で、派手にクラクションを鳴らす場面です。20m

手前なら徐行したりパッシングでOK出しますが、残り5mでは


危ないのでクラクションで警告!






一遍に二車線分変更するのは危険


朝夕の合流ポイントでの車線で、そのまま二車線変更する

危ない車が多いです。すぐ、後続車が来ているのに、強引

に入ってくるケースの場合、後続車が待つか幅寄せされて


いる場合があります。何でこんなダンプやトレーラのために、

かわいい軽自動車が待っているのか理解に苦しむ時には、

我慢せず堂々とクラクションを鳴らしましょう~


ダンプの運ちゃんでも、親方クラスと昨日今日レベルだ

と運転にかなり差があるので、図体はでかいですがやんちゃ

な動きを平気でするし、下手なダンプはボロボロ砂利こぼし


て走ります。この間、飛び石被害で泣く泣くフロントガラス

交換しましたが、間接的にはダンプや瓦礫トラックのアホの

責任です。




待てる余裕があれば待つ


後続車がいなければ通過、ずっと続いていれば待ってあげる

のが基本ですが、この辺がいつもやっていると後続車が迷惑

なので、ケースバイケース~


山道でも、カーブミラーの先に何か見える場合は、広い待避所

か空きスペースで待つのが基本ですが、昔はよく警笛鳴らせの

標識がありました。


今は、そういうカーブ、ミラーだらけになり、鳴らすよりライト

点灯の方が効果ありです。山道も、下手上手がはっきりでるし、

大型バイクの自損事故も避けそこなっての結果が多いです。


気がつくのに遅れ、車壊せば保険金、無保険なら自分のバイクで

という悲しい結果、田舎の近所の峠で痛ましい事故がたびたび起

きています。

◎この記事に関連する「警笛」の記事◎

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。