So-net無料ブログ作成

動態視力、夜の雨の道路は誰もが低くなるので、事故を覚悟~危険回避のため [運転]

免許を取るときの適性検査の視力は、あくまで文字だけです。

現実には、500メートル先の車線規制とか50メートル先の

対向車のセンターライン越えとか、一瞬で見極める視力が

必要です。これが低いドライバーの方は、どうしても操作が

一瞬遅れますから、事故に遭ったりさらに死亡事故に直結

します。夜に雨が降り、そして高速道路で事故が多いのは

一瞬の判断が遅れるためです。







動態視力が低い人は合流が下手


動態視力の高い低いは、運転やスポーツに影響します。

球技でボールの飛んでくる方向を予測できる人は、

うまいし得点しやすい感じです。よく、玉が止まって


見えるという表現がありますが、本当に一瞬で見極めが

つくから打てるし捕れる訳です。車の運転も、それが言え

る場面がたくさんあり、広い道路に出る時の一時停止や


合流する時のスムーズに速度を合わせる時、何か異常を

感じて減速する時に、動態視力がモノを言います。飛行機

の操縦の時はもっとシビアで、異常を感じてからでは遅い


らしく、そのくらい周囲の様子を嗅ぎ取る視力が要求され

ます。

夜、雨、高速道路の条件は危険


夜中の運転、さらに雨がザアザア、高速道路を走る時って

たいていの人がうんざりします。普段、彼女に運転を自慢

している彼氏、家族サービスで田舎の実家に帰省している


旦那さんも、夜の雨降りで高速は勘弁して~と言う方が

多いはず。これは、慣れた道を昼間トロトロ走るのが普通

で、ちょっとドライブみたいな時でも同じです。


AT車で運転が楽な人に限って、運転を舐めている人が多く

シビアコンディションでの運転経験がありません。私も、

免許を取って最初と二台目の車ではシビアコンディションを


月に1~2回しか経験が無く、高速道路も同じくらいしか乗り

ませんでした。で、タイヤのふんばり具合やブレーキの利き具合

にはさほど気にしていなかったのは事実。


荷物や人をたくさん乗せて、100キロ以上を行ったり来たり

する長距離トラックや高速バスの運ちゃんでも、近頃は素人

ドライバーが人手不足でブラックな環境でがんばっています。






自分の車、周りの乗り物、道路状況を一瞬で判断


運転のうまい人は、自分の車の周囲の様子を一瞬で判断して

車を動かします。高速道路を走る場合、遅い車の位置関係を

把握して、時々車線変更をします。ここで、誰もがやって


いるダメ車線変更、ウインカーを出さない、急ハンドル、

速度の低下、一般道ではクラクションの嵐で済みます。

が、高速道路では一瞬の判断・操作ミスで大事故です。


ウインカー長め(オートバイ向け)、ゆっくり車線変更

(タイヤ向け)、速度も少し加速気味(追突防止)をして

いない車がいたら、はっきり言って下手ないずれ事故を


起こす車です。また、高速道路の合流は、そのまま流れに

合わせて止まらずが基本、渋滞の時だけ隙間をめがけて

徐行します。首都高などの合流で、PAの出口に一時停止


の標識があり、あれは例外ですので基本はそのままです。

昼間はサングラス、夜は防眩ミラー


昼間のサングラスは特に若いドライバー向けで、若い頃に

サングラスや減光グラスを使っていない方は、おそらく

白内障や緑内障、網膜剥離のどれかを年齢より早めに


かかる恐れがあり、気がついた時点でサングラス着用を

薦めます。年配の運ちゃんで、夜はどうも自転車や歩行者

が見えづらいと言う方は、紫外線でかなり水晶体や網膜が


やられています。

◎この記事に関連する「運転」の記事◎
車のクラクション、事故を防ぐ時は必ず鳴らす~一時停止しない急な飛び出しや車線変更
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。