So-net無料ブログ作成

コンタクトレンズ、ハードとソフト、通年タイプと使い捨てタイプ~どれがベスト? [健康]

子供の頃に近視になり、メガネにしようか?コンタクトレンズにしようか?迷いました。

結果的にコンタクトレンズ、それもソフトタイプをずっと使っていました。

同世代の知り合いや友人は、学生時代はメガネ派が多く、気が付いたらコンタクト派の方が増えていました。

メガネの方が便利ですが、一日中は無理です。

コンタクトレンズは衛生管理が大変でしたが、使い捨てタイプがそれをカバーしています。

実際にスポーツ中心の方や、明らかにメガネが不便な職場の人にはコンタクトレンズがベターです。






近視になりやすい年、老眼になる年


一昔前は、本を読んだり勉強をずっとする頃、だいたい中学生くらいから・・・

徐々に仮性近視が増え、大学生くらいになると二人に一人がメガネをかけている

と言われていました。



今は、中学受験をする小学生や、受験はしないけどゲームに夢中になる子供たちが、

仮性近視になっていますね~

スポーツや運動に夢中になる人たちでさえ、メガネやコンタクトレンズが多いです。



逆に、老眼になる年はバラバラで、30歳ころから近くが見えなくなる人もいれば・・・

50歳過ぎても、普通に細かい字が読める人もいます。

だいたい、定年退職をして何か細かいことを楽しもうにも、老眼鏡なしにはできません。


メガネの方が楽、コンタクトの方が動きやすい


メガネは必要な時にさっと取り出して、必要がなくなったらはずすのがよいのですが・・・

現実にメガネ女子、優等生タイプのイメージがあるので、ずっとかけている人多いです。

本来、視力の補助や矯正のためのツールなのに、ファッションや印象づけのアイテム?


体の一部になってしまっていると、メガネをかけているのに~

無いよ!どこに置いたっけ?などと、ボケをかますお方も多いのではないでしょうか。

自分自身、このイメージと度の強いメガネの重さから、ずっと敬遠していました。


そして、コンタクトレンズと出会った時、こっちがいいと直感しました~

イメージは変わらず、装着時の違和感もないし・・・






ハードレンズはすぐなくす、ソフトレンズは衛生管理


じゃあ、ハードとソフトのどっちという選択ですが、これが迷いますね~

結果的にソフトレンズにしたのですが、ハードレンズだとおそらく紛失していたので・・・

視力矯正のイノベーションというと?


1 メガネの発明

2 コンタクトレンズの発明

3 レーシックの手術による回復


どれも一長一短があり、また費用やトラブルもいろいろです。

例えれば、ハードタイプは無くしやすいの使い捨て感覚・・・

ソフトタイプは、衛生面の面倒くささが一つのハードルです。


それが、近頃ソフトレンズも傘やティッシュなみに、汚れたらポイです。

時代を感じると言えば、少し感じますね~

使い捨てタイプの人気と、通年タイプの品質


さて、長々とコンタクトレンズを大雑把に語ってきました。

現実問題として、使い捨てレンズは良いのか悪いのか?

結論は、品質的にはあまりよくないが、衛生面は優れているです。


身近で、使い捨てコンタクトを使っている人の話だと・・・

ワンデイタイプだと、夕方には目がかゆくなりすぐ捨てているとのレポート。

本当に目の前でポイとはずしていました~


じゃあ、私はと言うと、トゥーウィークスタイプで半年お試ししました。

結果は、10日めくらいから何か違和感が・・・

20日めくらいにはかゆくなり、30日めには当然交換していました。


年間2万円払って、通年タイプか使い捨てタイプかと聞かれたら?

好みによるし、違和感を感じるなら通年タイプ・・・

少しくらいカユイとか変でもいいなら、使い捨てタイプでしょう。


通年タイプの違和感のない品質は、これが原因で衛生面がやっかいなことになります。

ガソリンに匂いをつけてあるように、コンタクトも違和感で安全性をキープですか?

◎この記事に関連する「健康」の記事◎
急性アルコール中毒~日本人の4割は酒に弱いが、白人や黒人に下戸はいない!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。