So-net無料ブログ作成

政治家に必要なのは?判断、演説、カネ・・・今村復興大臣の更迭騒ぎ [政治]

今村大臣がクビになり、二階幹事長が無念さのにじみ出るコメント・・・

でも、昭和の時代ならイザ知らず、平成のスピーディな時にうっかりは禁物です。

安倍内閣、総理はともかく大臣レベルは、まだ野党から見ればつっこみ所満載ですから~

アメリカでは、スピーチライターなる職業があり、ちょっとしたコメントでも・・・

クセのない感じで原稿を作ってもらえますが、日本の政治家は何でも自分の言葉で、

しゃべらないと気が済まない方々が多く、失言・舌禍トラブルが止みません。






政治家は演説下手でも、勤まるか?


よく、大学で弁論部にいた経歴の政治家が多いです。

でも、受けををねらったり、議論を吹っ掛けるのだったら、お笑い漫才でもできます。

じゃあ、何が必要なのか?


大衆の好む話題、セリフ、間の取り方、表情、身振りなど...

有名な政治家、総理大臣や大統領まで上り詰めた方々は、ある一点でみんな同じです。

それは、だれもが一番気にしている事をズバリ言うのです。


復興なら、「何でもない、平凡な毎日に戻ろう!」であり、「ぐっすり、眠れてますか?」

こんな感じのイメージになりますが、トラウマや混乱を思い出す方々が未だに多い時に、

「東北でよかった、首都圏ならもっと被害甚大~」では、ずっこけます。


スピーチライターでなくても、心理学者でなくても、これはマズイせりふとか...

あのイメージはマイナスだとか、傍で見ているとわかるのですが~

当の本人がうっかり口を滑らした瞬間、炎上で非難轟々です。


さすがに、安倍総理はすぐ火消しに走り、二階幹事長は無念さがたらたらです。


判断ミスと失言、どっちが大事?


「判断ミス」は、そのうち目に見える形になった時に、みんなが怒りだします。

軽い気持ちで決めて、深く慎重に考えずに企画や審議を通して、いざ実施の段階で揉めます。

例えば、「ゆとり教育」などが具体的な悪い例でしょう。


教科書の量を減らして、休みを増やして、さぁ上手くいくだろうと開始。

むしろ、分野によっては説明を増やしたり、時間数もかかる事が発覚して...

結局、混乱と非難と成績低下で終わり、以前のレベルまで戻すようになりました。


じゃあ、「失言」はと言えば、すぐに結果がでます。

後で、こう意味で言ったとか、あんな風に思われるなんてとか言い訳してますが...

そんな言い訳、大臣になったら通用しない事ぐらい、子供でも知ってます。


親や先生、お店の人は言い訳しません。したら、子供に舐められます。

代議士のセンセイも言い訳がダメです。したら、国民に舐められます。






これからの時代、本音の政治家はえらくなれない


トランプ大統領もツイッターを利用しています。

気軽につぶやいていますが、時々本音が出ていて政権内の報道スタッフは大慌て...

今の時代、SNSを使った時点で、全世界の人たちから監視されているようなモノです。



どうしても、本音が言いたいという欲求、特に政治家は抑えることができないようです。

個人的には腹が立つ内容でも、マスコミ関係者の前では原稿の棒読み...

またはノーコメントで終わりが多いようです。


そのような時に、ポロっと言ってしまう事を期待して、各社とも取材しています。

大臣止まりの人間と総理・総裁の器


代議士は、タイミング良ければ誰でもなれます。

特に、誰それ候補の刺客的な扱いで、公募する時があります。

または、与党の比例名簿の一番下あたりでも何とか当選する場合があります。


でも二回、三回と回数を重ねて行く段階で、後援会のレベルやカネの流れで...

おのずと、大臣レースは決まって行きます。

昔の自民党は、誰それの派閥で何年修行、誰が総理なら俺は政務次官~


今は、それが副大臣に代わり、より重要になっています。

でも、偉くなるためには単なる鞄持ちや、ヨイショ発言だけではダメで...

秘書止まりのスタッフや陣笠止まりの代議士、大臣止まりのセンセイがわんさかいます。


さらに上を狙うには...

代議士になった以上、その党の党首や総裁を目指さないと意味がないです。

結果として、国会議員になる=総理大臣としてふるまう事を意識するだと思いますが...


旧民主党が政権を取った時に、「いやぁ、与党として慣れていなくて~」とか、

野党である自民党や公明党を批判した時点で、国民はみんなこれはダメ!

と烙印を押してしまいました。


国民は、野党やマスコミ以上に無責任な発言に敏感です。

◎この記事に関連する「政治」の記事◎
イケメン!ジャスティン=トルドー(カナダ首相)・・・トム=クルーズ並みの甘いマスク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

北朝鮮、いつ交渉して何を受け入れるか?全面戦争回避の裏側~ [紛争]

トランプ大統領、中国と協議して北朝鮮問題解決か?

金正日時代には、六ヶ国協議を散々こなして、交渉の場に引きずりだしていました。

が、’11年に跡目が金正恩に代わって以来、中国の言うことも聞かずに暴走~

習近平国家主席にしてみれば、当然のことながら面子をつぶした憎い若造の始末を考慮。

北朝鮮も、三代目にして崩壊寸前ですし、収容所は旧ソ連並みかそれ以上ですね。

トルーマン大統領以降、アメリカにしてみればいつ第二次朝鮮戦争になっておかしくない情勢です。






朝鮮半島は常に不安定、中国の属国か一地域


中国の冊封体制の下、朝鮮の王は自分たちの身分保証のために・・・

進んで属国になる運命を受け入れてきました。

ここが、日本との大きな差で、強大な中国の軍隊が攻めてくるのを防ぐ術は無いです。



日本は、隋の時代から対等な関係を求めつつ、10倍以上もある大国をあしらって来ました。

朝鮮半島の諸国家群は、ポーズを取っても最終的には中国の皇帝にはかないません。

無駄な抵抗や裏切りはあっても、真に国をまとめようという英雄は一人もいませんでした。


その伝統は、21世紀でも変わらず、北朝鮮は暴走し韓国は大統領不在です。

日本やアメリカにとっても、中国やロシアにとっても生命線


さて、なぜ日本は近代に征韓論を主張し、日清戦争、日露戦争をしたのでしょうか?

戦後、左翼勢力が戦前の歴史を否定しましたが、現実には日本が存続するために・・・

朝鮮半島から、清やロシアの勢力を駆逐する必要があったから、という答えしかないです。


今も、ロシアは北方領土に居座り、中国は北朝鮮を属国扱いして韓国も同様です。

戦前と違う点は、日本単独ではなくアメリカと協同している点、はるかに楽です。

アメリカの国益と日本の存続と言う点で、国際的なバランスオブパワーにかなっています。


難しく言えば、地政学的に理にかなっている現状でしょう。

半島国家は、大陸国家(中・露)と海洋国家(日・米)の橋頭保であり、緩衝地帯です。









トランプ大統領は、ルーズベルト大統領と同じくきっかけを待っている


日本がかつて追い詰められて、真珠湾攻撃を行ったように・・・

北朝鮮も、シリアやイラク、アフガニスタンやリビアのように、一日刻みで背水の陣です。

大量破壊兵器の証拠を突きつけ譲歩をせまるアメリカに、ロシアや中国は何もしないはずです。



ぎりぎりまで追い詰めて、何を交渉条件にするのか?

日本なら、拉致被害者の救出を第一にしたい所ですが・・・

アメリカにとっては、核兵器の開発を止める確証を手にいれたい所です。


金正恩が使えるヤツか、単なる三流指導者なのか、連休明けにはハッキリするでしょう。



戦後処理は、中国が主導か?台湾問題とのからみ


何もしないけど、分け前だけ欲しい・・・

正に、第二次世界大戦の時の連合国に加わった国々の思惑でした。

そして、今回も米・日に対して中・露も一枚加わりたいが、今までの関係もある~


とりあえず、国連では静観、国境ぞいには自国の軍隊を集結させるとして、

不測の事態と言えば、ミサイルやサイバー攻撃で中・露がターゲットになる可能性です。

いままで同盟を組んでいたのに、急に手のひらを返したら・・・


北朝鮮にして見れば、日米以上に憎い存在です。

戦後処理の段階でかなりもめる分け前、中国の取り分に対して~

何か起きそうな感じですね。

◎この記事に関連する「紛争」の記事◎
南シナ海、中国の孤立~アメリカや日本はどう動く?経済制裁ありか~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。