So-net無料ブログ作成
トレンド ブログトップ

時代は変化するが、変わらないモノは?普遍の考え方や知恵~ [トレンド]

さて、今年は平成27年です~

今年のトレンドは?

ズバリ、「時代」の変化でしょう。

戦後70年、日本の政治や経済、社会や文化、人口や生活が節目を迎えています。









中国は、世界の中心か?それとも、みんなの敵か?



例えば、アジアなら「中国」が国際政治や経済で重要な役割を果たし始めます。

中国は、戦争しているわけでもないのに、世界中から非難ごうごうです。

また、世界中へ中国人が観光ツアーにでかけます。





習主席がオバマ大統領よりメジャーになるかも・・・

軍事力や経済力がすべてではありませんので、この辺が中国のしぶとい所。

でも、情けない所があるのも、今の中国、トイレをキレイにしましょう。





ヨーロッパ発、白人対有色人種紛争・・・



ヨーロッパなら、「イスラムテロとキリスト文化」でしょう。

フランスがターゲットになっていますが、なぜ?恨まれるようなことをしたのでしょうか?

移民に対しておおらかなのは昔からで、傭兵部隊もあるフランス軍です。




なのに、テロリストにとっては一番活動しやすい場所でしょうか・・・

フランス人は垢ぬけた都会のセンスを持っていますし、植民地を持っていた時代からです。

そこへ、田舎モンのイスラムの貧しい若者が流れてきます。





頼れるのはコーランのみで、悔しい思いをする毎日、不満をぶちまけたい友人もいない。

黒人が、白人優位のアメリカをひっくり返して、久しいですが・・・

ヨーロッパも、やがてイスラム教徒がマジョリティ(多数派)になる、そんなキッカケになるやら。









黒人は、えらいかも知れないが・・・




アメリカなら、「黒人」とマイノリティの格差でしょう。

黒人は白人なみの権利を行使していますが、本当でしょうか・・・

アジア人やヒスパニックの行動や思考をチェック。





まだ、弱者の域を出ていませんし、集団でも弱い存在です。

彼らが、公民権運動みたな大きなうねりを、作り出したら・・・

アメリカは、また一歩前に進みますが。




世界最大のマーケットは、アメリカ+EU+日本です。

これが、中国に変わるかなってみんなが期待しましたが・・・期待倒れに終わりました。

まだ、高度経済成長期の中国は、公害問題でさえ解決できません。




アメリカの、カリフォルニア州なみの環境基準を、中国が独自に持った時に世界は変わります。

まだ、その時ではありませんが、エコやエネルギー対策が今トレンドです。




アジアは、まだ遅れているか?



インドや東南アジアがここの所、ニュースが多いです。

中国や他の発展途上国と比べて、どうだ式の記事が多いです。

経済発展を始める地域って、保守的な貧乏人と金持ちのパイオニアの人たちがぶつかります。




日本で言えば、明治から戦後にかけてのあの変化の激しい時代でした。

インドも中国のマネしてこうだ、マズイからこうしろ、ダメだ的な内容であちこちで混乱です。

トイレをまず作ることが、インド発展の基礎だと思いますが・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
トレンド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。