So-net無料ブログ作成
しきたり ブログトップ

お葬式って?自分のうちで出すんじゃないの?? [しきたり]

お葬式って、子供の時に?な行事でした。

なぜって、ある日元気だった近所のおばあちゃんが、突然亡くなりました。

あれ、家の前にたくさん花輪が立っている、派手~

みんな集まっているし、黒い服きている・・・




あれ、うちの親もいっしょに集まって、受付やっている。

ふ~ん、人が死ぬと何かお祭り騒ぎなんだ・・・

さて、自分のうちの祖父や父がなくなった時、もっとびっくりしました。




亡くなった身内は、一番悲しいのに一番忙しいのです。

はい、病院でご臨終、搬送車の手配、遺体の安置、見舞い客の応対、親戚に連絡。

次に、通夜や告別式の場所、お坊さんへお願い、火葬場を日取りなどを近所の人と打ち合わせ。

遺体の納棺、通夜会場へ搬送、通夜、通夜振る舞い、あいさつ、送迎・・・

翌朝は、火葬場、告別式、寺送り、精進落とし、お念仏~などなど。




お葬式のフルコースを、別に予約した訳でもないですが・・・

結果的に何百人の弔問客を相手に、「お祭り」をやったわけです。

祖父や父は、腐るほどのいやというほどの人脈を持っていました。

それが、一遍にいらっしゃって、香典置いて帰る方、告別式まで出席の方、火葬場まで・・・





すぐ四十九日が来て、軽く60人くらいによび状を出しました。

一割の6人の方に、ご挨拶や献杯をお願いして、これもお祭りでした。

新盆は、倍の120人くらいの方が八月の4日間にお見えになり、はぁ~疲れました。

一周忌には、お墓参りもバスを仕立てて、そのまま近所の民宿でお清めです。



そして、親戚のおばあちゃんが亡くなると、またそのパターンの繰り返し。

これを毎年、順繰りでどこかでやっているので、時々不義理で出ませんが・・・

そう、新盆見舞いで必ず行くので、行かないとバツの悪い思いをします。

大人になってお葬式や法事って、地域と親戚、勤め先の関係者で執り行う・・・

そんな派手なセレモニーであると、はっきりわかりました、ヤレヤレ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
しきたり ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。