So-net無料ブログ作成

ハーブとはなんぞや?香辛料・・・薬草・・・毒? [食品]

よくハーブティがよいと、ネットでも宣伝されています。

ハーブって元の意味は、薬草や香辛料です。つまり、少量をお茶や

調味料にすると、イイわけです。この毒にも薬にもなる薬草に

ハマってしまった方々がいます。






ハーブの効能


だけど、それが体に効かない、効く、効き過ぎて毒かは、ケースバイ

ケースです。漢方薬ってハーブぽいなんて、変な誤解があります。

それこそ、薬剤師の方たちが聞いたら、はぁ?なんてレベルのものを、



よく効きますなんて~中には、本当に薬事法違反で捕まるケースもあり、

いかに世の中がいい加減かわかります。ハーブは健康食品で、それを薬

ぽく宣伝したり暗示する表現は、違反になるケースがあります。


じゃ、脱法ハーブは何だ?とか危険ドラッグは?

という突っ込みがあります。そう、普通は健康食品のカテゴリーのもの

なのに、成分によっては・・・麻薬や覚醒剤以上の影響を与えるものが



あり、じゃ薬事法じゃんって決めたい所です。

だけど、まだ法律がねえんだよってボケをかます、そんな時代です。



明らかに違法なのに...


治安を守るお巡りさんや、検事さんも大変です。

どうにかこうにか、異常な興奮状態のドライバーの方を捕まえても、

起訴できない・・・えっ、健康食品を吸っていましたなんて、言い



訳することが以前はできました。

近頃、そういう幻覚を引き起こすハーブを、法律の条文に追加した

のですが、また次がでて・・・キリがない状態です。







薬と食べ物はいっしょ


「医食同源」という言葉がありますが、それなら、薬と食品の区別を

なくす方向がいいのでは。結果や影響だけで取り締まれば、いいかも~

それこそ、農林水産省と経済産業省と厚生労働省にまたがる、法律を



作るのも手です。ある成分の入った、この種類のハーブを栽培・販売

して、飲んだ人がそんな事件を起こした・・・みたいな記録が出てきて、

~省**捜査官なんて人たちが、###で逮捕するという日も・・・



取り締まる法律がないのを笑えない時代で、みんなが真剣に何が

オカシイだろうって、考えちゃいますね~


◎この記事に関連する「薬」の記事◎
花粉症とその対策、薬でも効くかどうかは本人次第・・・





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。