So-net無料ブログ作成

ビキニって、上下ちがうのやフリル付きって、男から見るとダサ~ [男]

オンナのファッション、男から見るとオイオイって言う物があります。

「これって、流行りよ!」って言われても・・・ねぇ。

女子から見ると・・・カワイイとかカッコいいとか、センスの差ですが~







一番イヤなのは、上下別のデザイン



これって、組み合わせ自由って感覚なのですが・・・

野郎から見ると、わぁ!貧乏たらしい~そろえてよぉ・・・と言う声多数。

わかる、わかる~男ってユニフォーム的かっこよさを求めます。


だから、ビキニの下着や水着がバラバラだと・・・

あれ?どうしたのかな?どっちか、なくした?破れた?

なんて、変な心配します。(しない野郎は、あまり関心がない)


まぁ、どうでもいいことですが~やはり、少し気になります。



オンナのカワイイ~は、男から見ると・・・



「カワイイ」感じを一生懸命工夫した彼女、見事に彼氏に気づいてもらえません。

これは、髪の毛にしても、脱毛にしても、アイメイクにしても・・・

男は、そんな所を気にしていないからです。


じゃ、どこを気にしているかと言えば、性格や言葉遣い、しぐさなど、普段・・・

地で勝負している所を、じっくり見ています。

嘘や誤魔化せないところを、よ~く見ているのをオンナの人は知りません。


近頃、一人っ子が増え、かつ学校でも男と女でふざけなくなったせいか・・・

お互いの様子や反応を、いい年になるまでわからない、男女が増えているように思えます。

だから、結婚してから「え~」っていう結果に・・・






ペアルックも、それぞれ



好きな相手と同じ服、見ていて楽しそうって二人と・・・

逆に、野暮ったい感じのカップルといます。

なぜそうなるのか~普段、ファッション雑誌でも眺めていれば~


少しは、ましになるのでしょうが・・・

男の肉体は、直線的なラインが基調で、オンナは、ビーナス的なカーブでしょう。

その逆のラインを醸し出すと・・・かなり、イケてます。


まだ、親子の方がほのぼの



パパが娘と散歩、ママが息子とお出かけ・・・絵になってます。

なぜ、強い男と弱いオンナの絶妙の組み合わせだから・・・

ボケとつっこみがいて、初めて漫才がなりたつように~


男とオンナって、真逆の関係の方がうまくいきます。

これは、価値観や相性では理解できない、神秘的な何かで・・・

同じ部分は、喧嘩したり競争したくなりますが。


どうしても、無理な部分をお互い認めることで、協力するようになります。

まっ、一生夫婦喧嘩している人たちもいますが・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

家城大心、北村宣晃、高島雄平のオッサン列伝 [男]

浪速のエリカ様の用心棒、家城大心・・・

高崎の汁かけ男、北村宣晃・・・

そして、フィリピンのエロ校長、高島雄平・・・

どれも驚きました~普通の男なら、どれもすごい、マネできないとつぶやく所。





一番まともなのは・・・?



家城さんと思いきや、高島さんです。

なぜか・・・この元校長先生のすごい所、絶対マネできません。

残念ながら、どんなAV男優もこの人の前では・・・その辺のチンピラ扱いです。



中学校の校長先生も、海外に行くと・・・こんな聖職者が生殖にはげむのか!

と、びっくりです。

国内の小中学校の先生が、女子のおしりや胸さわっても、これだけひどくならないだろうと思います。



韓国の従軍慰安婦さわぎも、この元校長先生の前では・・・

日本人ってのは、海外では鬼や畜生にもなるという裏付けが取れました。

その意味で、朴大統領はこの記事を見て、ニヤリとするはずです。


じゃ、一番のワルは?



家城さんです。

20歳も年下のセンセイの、ボディーガードを勤める反面、何もマスコミ対策ができない無能です。

頭が悪いのは、前科もちの特徴ですが・・・


もう少し、センセイを守ろうという精神に欠け、秘書稼業で食いつなごうとしているだけ。

これじゃ、やがてクビでしょう。

小保方バッシングの次は、上西バッシング・・・30前後の未婚のオネエさんの悲劇。



情報やマスコミ対策で、センセイを守ろうという仕事、アメリカでは専門の業者や弁護士がいます。

なんで、日本ではそういう仕事を、みんながしないのか不思議です。






一番心配な困ったちゃんは・・・



病院に行って、見てもらう必要なのは、北村くんです。

まだ、30前後なのに、女性に対してかなり、ひねくれた根性しています。

このニイサン、前述の高島元校長と正反対のむっつりスケベ的で怖いです。


よくアラブ世界でも、似たような化学物質をかけて、女性が被害者になる事件が起きてます。

その結果、加害者には同じ方法で失明ややけどの刑が行われるそうです。

まさか、日本でも起きるとは・・・意外です。


うっぷんを晴らす、それもいい年こいたオッサンたち。

気持ちはともかく、世間の冷たい目や顰蹙(ひんしゅく)はかなりのモノです。

警察や弁護士のセンセイたちも、この男たちの扱いに苦労しそうです。


家城さんは、別に今回は悪いことはしていませんが、その疑惑の人に・・・

上西先生にむけられた矛先が、やがて秘書に向けられるのは時間の問題です。




同時多発のオッサンニュース~



この記事を書くとき、さてこんなくだらない記事書いても・・・一銭の得にならない。

って思いましたが、何事も書いてみなければ、進まないので~

書いてみると、なるほど、評価とか見方の点で、参考になりました。


警察の事情聴取や、マスコミの記者会見の時、この三人はどう釈明するのか?

かなりの確率で、意外なセリフが出てきそうです。

すべて、オンナがらみですので・・・





高倉健、菅原文太にみる美学・・・ [男]

高倉健さん、続いて菅原文太さんの訃報、ああ昭和一ケタ世代が逝ってしまわれた。

なぜか、昭和一ケタの方々って、突然亡くなりますそれも続けて・・・

時代が終わった、そして自分もずいぶん生きたなぁ、そんなニュースでした。





大正世代はゆっくり90近くまで、みんな元気なのに・・・

昭和の激動を生き抜いた、1925~1935年くらいまでに生まれた人たち。

私の父や叔父も昭和一ケタ世代で、子供の時は兄弟で一つの芋食った的な話が多いです。

就職先はなく、父は田舎に帰って農業してましたし、叔父は大学を二つ行ったらしいです。





そして、二人が続けて3年前と去年になくなりました。

従兄弟同士が続けて、喪主になり挨拶したり、大変でしたが振り返って見て・・・

のんびりしたくてもできない、そんな世代だったのかなと思います。

隙を見せない、油断しない、いつも背筋をぴんとさせて、来るなら来いやみたいな雰囲気。



あの世代は、みんな持っていました、そんな怖さを・・・

私も、怖くて親子喧嘩しても、最後はいつも負けていました。

死ぬまで現役世代って言う感じで、いろいろ考えさせられます。

少子高齢社会の中、ちょっと早い訃報にみんなががっかりする、そんなニュースでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。