So-net無料ブログ作成

イスラム国の身代金ビジネスとタフネゴシエイト・・・命の代償 [交渉]

人命尊重か、それとも最初から相手にせず放置か・・・

結論を言えば、見殺しとも言える「放置」が回答でした。

犯罪グループやテロリストに身代金を払うのは、盗人に追い銭~

結局、人質は殺されるし、お金は取られたままで、ワイドショーネタになります。

他人の不幸をエサに食っている連中は、大喜びです。






誘拐ビジネスは、発展途上国で大流行り


なぜ?昭和の日本では、超法規的措置で、犯人に身代金を払うケースがありました。

しかし、それでは、最悪払ってかつ殺されるという恐ろしい結果が続出し、どの国も反省。

今では、例え誘拐や拉致され、被害者の落ち度がないケースでも払いません。





つまり、そんな危険地域に手ぶらで行って、最初は協力かつ友好的であってもです。

いつ、犯罪者集団に早変わりする、そんな相手にはビタ一文も払わない・・・

アメリカやヨーロッパには、そういう交渉請負人の仕事や誘拐被害者解放の特殊部隊が存在。

金持ちの子供たちなんか、常にボディガード付きです。



冒険して殺されたり、誘拐されてレイプ


日本の放浪癖のある若者が、「冒険」と称してアフガニスタンやイラク、シリアに行くのは勝手。

でも、訳もわからず拉致・誘拐され、また傭兵として応募して、結果として処刑される。

これを、親が助けてくれと言うのは理解できるが、外国では、全て自己責任です。

外務省が行くなという場所に、のこのこ行く神経は「無責任」ではなく幼稚でしょう。



子供の発達障害というのは、最悪、友達を殺しても、悪いのが理解できないのですが・・・

大人の発達障害というのは、危険な地域も日本と同じ平和だろうという思いこみです。

ベトナム戦争時の南ベトナムは、昼間は南ベトナム軍、夜間はベトコンが支配してました。

中東戦争以降のレバノンは、街中のいたる所にしかけ爆弾がありました。






すべてがオカシイと思って当然


テロが毎日どこでもある地域に行くのに、何も知らずに行くお馬鹿さんが多いと思います。

親切なおじさんが案内してくれたと思ったら、見事にパスポートやカードを取られたとか。

警察に賄賂を渡さないと通れない検問所とか。

写真をデジカメで撮っていたら、スパイ容疑で一ヶ月拘留なんて珍しくない地域もあります。




ちょくちょく中東に行って無事に帰国しているから、中東の専門家気取りの方がいます。

広い通りを自動車で通過している裏で、または列車で移動しているその駅の周辺で、今日も・・・

外国人やその友人の人たちが、保守的な民族主義者に殺されたり嫌がらせを受ける。

そんなこと日常茶飯事で、ニュースにもなりません。


貧しさや不公平が、テロや泥棒を正当化


よくテロを非難したり、許さないというポーズを取る政治家がいます。

でも、その人たちが貧しさや差別を許さない~と声高に叫んでいるでしょうか?

原因を放置して、結果だけいやだ!というのは子供の考え方です。



反米や反日活動家で、豊かでセレブな人たちはほとんどいません。

ほぼ全ての人たちが、貧しく何らかのコンプレックスをそれらの国々に

持っていて、かつ隙あらば何か嫌がらせをしようとしています。


じゃあ、どうしたらそのような犯罪や嫌がらせ、テロを減らせる

でしょうか?

◎この記事に関連する「交渉」の記事◎

タグ:交渉 誘拐
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。