So-net無料ブログ作成

花粉症とその対策、薬でも効くかどうかは本人次第・・・ [病気]

さぁ、花粉症の季節です~対策は完璧ですか・・・

マスクと薬で、完全防備。宇宙人みたいかっこうで通勤・

通学です。このアレルギーについて、どうも寄生虫と関連

しているらしく、農薬の普及や寄生虫駆除は度が過ぎると

アレルギー疾患を引き起こすらしいということが、厚生

労働省の研究でもだんだん分ってきました~







寄生虫を飼っている人に花粉症はいない?


元をただせば、この病気、体内に寄生虫を飼っていない人が

ふえたためという仮説もあります。その保護機能が、花粉に

向けられたために起こる病気で、文明病かと言われたことも。



日本(スギ花粉)や、アメリカ(ブタクサ)、ヨーロッパの

先進国(イネ科)では、普通です。それでは、東南アジアや

アフリカ、ラテンアメリカでないかと言えば、あります。



が、数値ではっきりでていないだけです。他の病気が多いので、

不明なだけです。


ある日、急に花粉症が始まる!


私も風邪をひかないような健康状態で、初めて発病を確認

できました。胡椒がないのに、やたらくしゃみがでて、変な

鼻水がでます。しょっぱくない苦い鼻水で、鼻血のあとの


ぬるぬる感と言ったようです。薬局に行って、何か良い薬は

と聞いたら、鼻炎用の薬を出してくれました。でも効きが

よくないので、しばらく放置...



昨年、有名な大正製薬のパブロンを購入して、飲んでみると・・・

鼻水はおろか鼻血もとまり、びっくり!あんな有名な薬が、

なぜか花粉症に効くなんて~ショックで熱がでて寝込みました。(笑)





その人にどんな薬が効くは、飲んでみないとわかりません。

なぜならば、遺伝子が人間の数だけちがうわけですから、

あう薬も様々。アレルギーに効くのも、毒になって急性



ショックで死ぬのも、同じ薬です。お陰で、毎月の薬代予算に、

「パブロン」を計上です。類似品(ジェネリック薬品)も出回って

いますが、効くかどうか被験してみないと・・・



似たような成分でも効かない時がありますので~副作用も怖いので、

気持ちわるいとか、気分がすぐれない場合は即、服用中止。

一斉投与って、危険ですし、ムダです。



一人ひとりが、食べ物の好き嫌いがあるように、薬も合うあわないが

あるのは意外と知られていないです。








薬の飲み過ぎは、麻酔が効きません


父は、盲腸の手術の時に、麻酔が効かなかったって怒っていました。

それもそのはず、血圧の薬や糖尿病の薬づけになっていましたから。

私は、逆になんでも効き過ぎるくらい、ふだんは薬を飲んでません。



一ヶ月に500~1000円くらいの薬を一箱買って、ずっと飲み続けても

酒やたばこに比べて・・・少しも経済的な負担や、副作用がないのは

明らかです。一時的な気分もいいし、コーヒーより目が覚めます。

アメリカでは、コーヒーやタバコ感覚で麻薬が流行


日本では、厚生労働省が恐ろしいくらいの取り締まりで、国内に

麻薬や覚せい剤、脱法ハーブが入ってくるのを防いでいます。

また、主にアジア諸国では麻薬は厳罰化の方向で、最高刑に


死刑もあります。しかし、アメリカやヨーロッパでは麻薬系

の薬に対して甘いです。これは、アルコールもそうですが、

アジア人は薬物中毒になりやすい、または急性中毒で死ぬ人が


多いのに対して、白人は強いと言うか効きがよくない傾向に

なります。酒も薬物も少しくらいなら大丈夫というのは、

ドイツ人やロシア人、アメリカ人ならではの考え方でしょう。

◎この記事に関連する「薬」の記事◎

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。