So-net無料ブログ作成

人に助けてもらう時、プライドは必要か?弁護士チン切り事件~ [事件]

弁護士さんの下腹部を見事に切断した、法科大学院生の事件・・・

殿方は、みんなあそこがキュッとひきしまったかな?と思います。

私はこういう事件のたびに、その残虐性より心の闇の方を重視します。

誰だって、怒り心頭に達して復讐に燃えようとする瞬間があります。

理性よりも復讐心が勝った時、今回のような事件がまた発生します。






事件発生!みんな驚く~


なんで港区あたりで、こんな事件が発生するの?

ヤクザかチンピラのバシタの奪い合いか?ヤク中毒の変質者か?

って、警視庁の捜査関係者は第一報で感じたでしょう。


現場に行って、ガイシャは現役の弁護士、ホシはこれまた現役の法科大学院生!

おいおい、どっちもセンセイ(センセイの卵)じゃねえか?

センセイの卵がセンセイのタマを取っちゃった~


笑えない捜査会議が開かれて、はぁ~ってみんなでため息をついて、はい次!

みたいな流れだったでしょう。

容疑者が法科大学院生?


法科大学院生って、まず法学部か他学部を卒業して、法科大学院に受からなければなりません。

大学院の授業料+法律家の頭がないとなれない訳で、そういう意味ではエリートです。

普通、学業に専念するために、他の要求を抑えた修行僧みたいな生活をおくるイメージがあります。



彼はちがったようで、もう学生結婚してエンジョイしてます。

子供も、そのうちできてしまうでしょう。

我慢は、ボクシングをやめたくらいですか?



医者や弁護士になる人たちって、私の周りの例をあげると~

1 頭のよさと集中力が、桁ハズレで図々しい

2 努力や忍耐とは、こういう物という例になる


このボクサー崩れの大学院生は、普通の方だったようです。

プライドだけは高かったようで、これから拘置所や刑務所でも満足でしょう。









被害者が、バリバリの現役弁護士さん?!


この弁護士さん、お子さんが四人もいらして、かつ若い女性と楽しもうとしたようです。

仕事はかなりできる方で、業界では将来を望まれていた方、つまり勝ち組だったようです。

順風満帆な人生、どこかドヤ顔の雰囲気があったかもですが~


仕事ができる=聖人君子ではなく、むしろカネに汚いとか女グセが悪い、部下泣かせ・・・

こういう人たちが多いです。(私の身近にもワンサカいますし、自分がこれかも?)

働き盛りの40代、子供もこれから大きくなる時期、性的不満が溜まっていたようです。


火遊びのつもりが、見事に業界を巻き込むくらいの大爆発になってしまいました。

司馬遷は、皇帝を批判して宮刑をくらい、史記を完成させました。

この弁護士さんも、浮気の代償みたいな本をわんさか書けそうです。

加害者の心の闇とプライド


ズバリ、このボクサー崩れの法律家の卵、法律を学ぶ前に「復讐」を学んだようです。

そして、相手は弁護士さんでしょう~こいつらのために、日本の法曹界がいかに表面的か・・・

しょせん法律屋ばかりで、真の意味での法律家はいないと思われても仕方がないでしょう。


さて、奥さんを働かせて、自分は司法試験の勉強に専念するはずだった彼ですが・・・

忍耐より「復讐」を選んだ彼は、奥さんが性被害に遭ったのを訳も聞かずに、すぐ行動に走りました。

でも、少し推理力がある人間なら、この弁護士が「給料をはずむ分<枕>営業もね・・・」、


って、奥さんにささやいたらしいことは、想像がつきます。

でも、新婚さんたちにコワイものはなく、旦那さんはカ~ッとなってその原因をバサッと!

結局、自分たちの将来<自分たちの性的プライドを取った訳です。


よく、発展途上国でこのようなリンチは行われますし、日本でもその筋の人たちなら・・・

法律家同士でこれやると、法律って結局何も解決していないかな?って、思います。

加害者、被害者とも病院で心理カウンセリングを受けた方がいいのじゃないの~


何でも、カネで済まそうとしてきてバチが当たったように見えます。

私自身、どちらの弁護もしようとは思いません。

性的に見て原始的な解決をするような輩が、今の日本にいるというだけで・・・


イジメがなくならない理由がわかった気がしますし、アメリカ帰りというだけで・・・

他人の奥さんに手を出す人間が、弁護士の皮をかぶっているのもオンナから見ればケダモノでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

川崎リンチ殺人事件と・・・イスラム国人質殺害事件の関連性 [事件]

人の命を軽視する点で共通なのと、そこに何らかの精神の未発達な部分が見えます。

どちらも自分たちの集団を大事するあまり、どうみても殺す必要のない相手を殺害・・・

極端に自己中心的で、排他的な幼い精神構造を持つ連中ですね~




犯人グループに、罪の意識はあったか?



おそらくないでしょう・・・犬や猫を殺す感じで、人間をそれもかつてはバスケ仲間なのに。

犯人の父親の「うちの子はちがう」発言は、理解できますが・・・

それだけ、自分の息子のことを何も理解していない感じです。

(この点、佐世保の事件の後に自殺した父親の方がまとも・・・)




こういう不良グループって、精神的にものすごく幼い、いわゆる発達障害系の連中です。

我慢なんてしたことがないし、反省?はぁでしょう。

普通は、幼児から児童になるあたりで学習しなければならないことが・・・ごっそり抜けてます。





それに、イスラム国騒ぎの動画も見て、何らかの影響を受けています。

この辺が、まともな子たちなら気持ち悪がるのが、逆に興奮して自分たちのリンチの参考にしています。

絶対、裁判でこのあたりの状況をベテランの弁護士が使いそうな、空気があります。




お馬鹿な連中って、すぐ悪いことを真似て、全然反省がないという点で同じです。

普通は、大けがさせて謝りもしないレベルなら、全国どこに行ってもありますが・・・

相手が死ねば、すぐその方面の制度や少年法にそって、30才近くまでムショ暮らしです。





誰が最初に落ちる(自白)か?



現場の遺留品から、おそらく犯人の少年たちの・・・例えば、髪の毛や服の繊維など。

物証を固めて、アリバイや目撃者など、監視カメラの映像も今かなり精度が高いので。

じわじわ、一人ひとり説得されて、最後まで黙秘を通した少年に他の少年たちが罪をかぶせる筋書き。




いざ、完全黙秘を3人の少年たちができるとは思えません。

司法取引、この場合は主犯が誰で、あとは利用されたと持って行く感じでしょう。

オウム事件の筋書きなんか、松本被告に全て負わせるストーリーで進んでいます。





だいたい、弁護士がもう少年たちに付けられている報道を聞いて、有罪確定だなと思いました。

それを、少しでも灰色にするために、被害者の落ち度やイスラム国の騒ぎを利用する腹でしょう。

あとは、お涙ちょうだい式に自分たちは落ちこぼれていて、みんなから仲間はずれだった~




現在の少年法は、どこがオカシイか?



こんな感じで、捜査→公判と進み警察や検察、家庭裁判所では、鑑定留置→有罪確定→少年刑務所。

年齢が13才までは補導(触法少年)、15才までは逮捕しても家裁止まり、16才以降は検察逆送ありです。

家裁での審判の結果、近頃すぐ検察に送られる(逆送)が増えているし、結果として少年刑務所です。

(鑑別所は、少年の性格や非行性をチェックし、少年院は12~25才くらいまでで、あくまで矯正が目的です。)




アメリカでは、こういう保護制度が逆に青少年に悪影響を与えているという理由で・・・

重犯罪では、大人と同じあつかいになります。

やはり、お馬鹿な子供は、子供だから人を殺しても誤魔化せるし、保護があると勘違いするのでしょう。





今回も自民・公明より、少年法改正の動きが見えますが、日教組や文科省解体の先でしょう。

文科大臣が誰だろうと、この場合は関係ないくらい教育の現場に、無責任な空気が流れています。

体罰を廃止して、同時に子供を見守る(監視)もやめている教師が多いですね~





親も教師も、「お前、何やってるんだ?」というセリフを言わなくなって久しいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

渋谷の立て籠もり事件と、FBI的な解決の是非 [事件]

近頃多いです、この手の事件・・・単なるお騒がせですが~

まぁ、本人にとってみれば、事件でも起こして騒ぎたいのでしょうが・・・

普通の人から見れば~バカ、迷惑、精神年齢低そう~




警察や政府から見れば・・・また、非常対策本部の設置かな?

海外から見れば、日本も先進国的な事件がふえたな~

心理学者や精神科の医者から見れば~本人のプロファイルは?




この手の犯人、ただ注目されたいだけで満足なのです。

刺激を受けて、ヒーローそれも悲劇?のなって、後は保護して~くれなんて。

子供なみの精神状態なのですが・・・アメリカやヨーロッパでは50年前から多いです。




お騒がせ犯人の伊藤さん、それなりに有名だったようで~

族上がりで、探偵業もそこそこ、親はあのお方・・・

特殊部隊の方も、いい「PR」かつ犠牲のでない「演習」になったようで、めでたしです。





でも、ここで、いくつか問題が・・・これが、イスラム教徒だったら~

それも、自爆テロみたいな感じだったら・・・今回の100倍くらいのインパクトが。

アメリカでFBIがお出ましになる事件、これのレベルが多く、笑い話で済みませんが。






日本も、アメリカ並の凶悪犯罪専門の法律を用意すべき時代かなです。

対応も、所轄の警察(地域レベル)から、広域(各地方レベル)、国内全域から国際(政府レベル)。

みたいに分けて、連絡官設置で、レベルが上がるにつれて、署長→県警本部長→官房長官が対応。






マスコミも、ネット配信→TVやラジオ→新聞や雑誌の順で、記事、コメント、論評、検証なんか~

スピードが要求されるので、誰が悪いかではなく、誰がもたついていたかが後で問題に・・・

海外で外務省がSNSで警告ニュースを配信するなら、国内でも警察や総務省、文科省などが・・・




同様の配信サービスしてくれたら、いいのにって思いますが・・・

でも、個人情報の扱いでもめそうですね。

どこまで、公開していいか、国会で論議したらいいのでは?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。