So-net無料ブログ作成

アスペルガー症候群、意外と真面目な方が多く、周囲もいろいろ気を使う~ [精神]

大人の発達障害として有名な、アスペルガー症候群、その症状に

あの人だ!と思い当たるケースがあるある。一番多い症状が、相手と

相談や交渉ができないパターンで、若い人は挨拶ができないし、年配

になると中間報告ができない、心配になって周囲が声をかけると、

「ウルサイ!」とか「ほぉっておいてくれ~」的な発言で居ますね、私の

上司とか、部下のA君など...ちょっと、つきあいの悪い人たちです。







頭の切り替えが極端に下手


よくあるのが、運転していたり、字を書いていたりすると、周囲が

話かけてもうわの空の状態、それだけ集中しているのかと言えば、

そうでもなく悪口はよく聞こえている状態です。


本人にして見れば、一遍に二つやるとあせってうまくいかないの

でしょうけど、普通大人になれば、字を書きながら返事くらいは

できるだろうし、運転しながら会話できない人って、よほど運転


に自信がないのかも~逆にしゃべり出すと、一方的にまくしたて

て相手の話は聞かない事が多いです。文章にしてみると、面白い

ほどアスペの方の会話の欠陥がわかり、興味深いのですが...


しゃべる→伝わる→聞く→理解する→考えるで、またしゃべるに

戻りますが、大事な「聞く」と「理解する」ところが抜けてそこに

自分の思い込みや独断と偏見が入るので、傍から見ていると


何でそこで嘘や捏造的なことが入るのか?と思います。


細部にこだわり、全体像が見えない


どうでもいい事や自分の好みについては、ぐだぐだしゃべるのに

全体の事や相手の困っていることには無頓着です。そういう意味

で、日本の野党である民進党の皆さんも、悪く言えばアスペ集団


なのかも~すこし横道にそれましたが、本当に肝心の事ができない

けど、文句だけは言う人がアスペルガー症候群の人たちには多いです。

それで、周囲の人たちがその心配事や困っている事を指摘したり、


アドバイスするとお礼も言わずに怒り出します。ここで、ああ、いる

いる、うちの上司とか私の旦那とかたいてい女性から見る特定の男性

にあてはまるかも~です。近頃は、代議士秘書の方も、女性代議士に


振り回されていますが、女性でもアスペルガー症候群で困った方が何人

かいて、TVや新聞をにぎやかにしてくれています。






人見知りが強く、1~2回会っただけではダメ


これもよくあるパターンですが、営業に回されて初日からクレームが

入る担当者、どうも相手の話を聞いていなくて、取引先から不満の

電話がわんさかかかってくるので発覚します。


学生時代も、社会人になっても、返事もしないし相槌も打てない人

って、現実にいます。本人はいろいろわかっているし、やらせれば

できる事が多いのですが、相手に伝わらないことが異常に多く、


「通訳」が必要な方々で、これが困ったことに一生続きます。

ほどほどのビジネスライクがダメ


アスペの方って、バランスの取れた判断や行動ができずに、常に

両極端な目立つ行動か引っ込み思案の態度しかとりません。周りに

相談すればいいのに、自分だけで考えて、自分だけで怒り、自分だけ


で隠しています。「情報の共有」という言葉が、近頃はやっていますが

まさに、アスペルガー症候群の方がたは一人で悩みます。

◎この記事に関連する「精神」の記事◎
発達障害、子供の時はいいが、大人になると~大変です!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

発達障害、子供の時はいいが、大人になると~大変です! [精神]

この間、スマホでyoutubeを見ていて、へぇ~って感じたことがありました。

「発達障害」は、その北海道大学医学部の大学院の先生がいうには・・・

教育や躾で直るものでもないし、怪我や病気みたいに治療や投薬でも

直らないと言っていました。

要は、子供の時に発達障害であるなら、一生それが続くとのことです。

じゃあ、性格みたいなもので、本人が無理に直そうとしてムダだそうです。






発達障害とは?


知的障害<発達障害<精神障害で順で、どちらかと言えば、子供の時に

はっきりでます。知能との関連は多少ありますが、見た目がだらしない

感じやわがままな感じに見えます。



一番はっきり出る症状が「片づけ」で、これをサボるのではなく、

できないのです。よく散らかしている人の周りの人が片づけると、

本人が逆に怒る場合があります。




他の人が不便なのに、本人にして見れば一番使いやすい状況なんでしょう。

また、「忘れ物」も年齢に関係なく多いです。自分自身、傘だけは

よく忘れるし、食器の片づけは他人よりだらしないと思っています。



が、発達障害の人は毎日忘れ物をするし、全ての片づけができません。

混乱して時間がかかり、結局他人が手伝うことになります。



識字計算障害、多動性注意欠陥障害、アスペルガー症候群


集中力の度合いで分けている感じで、読み書き計算が子供の時にできないのが~

「識字計算障害」で、見た目が知的障害と似ていますが、計算だけできないとか・・・

字だけ読めない書けないで、学校生活がかなり大変です。


有名人だとトム=クルーズさんがこれだったのですけど、ご自分で克服されています。

日本人だと、計算はともかく漢字が書けないと、かなりバカにされます。

それで、小学生の二人に一人が塾通いしているわけですが・・・


「多動性注意欠陥障害」は、ADHDとも呼ばれていて普通、発達障害ってこれを指します。

片づけができない、忘れ物が多い、他人の話に割り込む、返事ができないなど。

ああ、いるいる、小学校の時に隣の席にいたアイツ、みんなにからかわれていた~


先生や親が何回も注意しているのに、本人はケロっと忘れて反省がないです。

好きなことはすごく集中できるのに、嫌いなことは少しも我慢ができません。

頭のいい悪いは関係なく、常に好きなことしかやらないのでワガママです。



トイレも一時間に10回くらい行くので、どうしても目立ちます。

でも、サボっているわけでなく、我慢ができないから仕方ないです。

消しゴムやシャーペンで遊び始めると、一時間中遊んでいます。


「アスペルガー症候群」は、KYな人たちです。

みんながいらいらしているのに、カタカタ音を立てます。

満員電車の中で、派手にスカしっぺをしたり、大声でくしゃみをします。


最初は我慢していた周りの人たちも、最後はキレて「いい加減にしろ!」って怒鳴ります。

でも、本人はなんで怒っているのか訳がわからないのです。

これは、役割分担を逆にすればすぐ解決するのですが、子供の時は限られた役しかないので・・・


大人が怒っていても、?な表情でおどおどしています。

私自身、アスペルガー症候群と逆の経験をよくします。






泥棒はバレないと思い、気ちがいは自分が正しいと思う


普通、どの子も親とか先生に、「お前のやったこと、まちがってるよ」とか~

「もう、バレてるよ!」とか言われて、初めて「ヤバい!みんな怒ってる・・・」

「いつ、バレたんだろう?」って言う経験を3~10歳くらいで、みんなします。


ここで、精神的に大人になれない人たちがいます。

バレる嘘を平気でつき、みんなが怒っているのを気がつかない人たちです。

これって、今ははっきり病気の扱いをしますが、そのうちの何割かは~


犯罪者の扱いも受けますし、やっていないことの濡れ衣も着せられます。

この辺が、発達障害者をなんとか全うな人生を歩ませる、大事な部分です。

あいつは少し変だけど、悪いヤツじゃないって弁護できる部分を持たせる教育です。



忘れ物はするけど盗みはしないとか、もたもたしているけど誤魔化さないような評価です。

これって、親とか先生は見ている時はきちんと見ています。


修羅場は、人生いつでも起こる


子供の時って、修羅場はないです。

大人になると、たくさんあります。

そんな時、発達障害の人たちって、非常に不利な立場に立たされています。


自分がやっていないトラブルの犯人にされたり、ちょっとしたことで仲間外れにされたり・・・

普通なら、解決に向けてどのような態度や立場で臨むか~ですけど、発達障害の人たちは・・・

態度や立場なんて考えることが、子供の時から無理な訳です。


犯罪者に弁護士、子供に保護者、制限行為能力者に後見人や保佐人、補助人がいます。

ならば、発達障害者にもなんらかの代弁や代理でやりとりする人間がいてもオカシクないです。

子供の時は親とか先生がやってくれますが、いい年した社会人が~


片づけもできないし、挨拶もできない、イジメにあったりしても、うまく解決できない!

こんな人たち、意外と身近にいてみんなから嫌われています。

嫌われない程度の行動やコミュニケーションをとれる、そんなレベルの助っ人は必要です。

◎この記事に関連する「精神」の記事◎
感情のコントロール、躾で言えば保育園から小2までが一番効果的


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

育児ノイローゼって、男で言えば過労死状態・・・なら理解できる [精神]

千葉県柏市の事件、全国のヤンママが大丈夫~って心配しています。

オンナしかわからない、心の悩みとの位置づけですが・・・

真面目な女性ほど、かかりやすいし年齢は関係ありません。




気がつくと・・・パニック!



赤ちゃんって、夜泣きはするは、クソは垂れるは、手に負えない・・・

なのに、自分で生んだし、旦那や旦那の親は冷たいし~

ここで、頭の中がパニックになる母親は普通です。





元々、女性って感情の起伏が激しいのが自然ですが、出産・育児の時って・・・

同性のママ友、異性の旦那、職場の後輩、みんな冷たく感じます。

なぜか、人によって感じ方やつらさがちがうからとか、身内だけが関わることとかです。





たいてい、旦那さんや旦那さんの親との関係が悪化するあたりから・・・

オカシイと気づければいいですが、見た目なんともないような感じだと~

一人で悩んでいるケースが圧倒的に多いかなです。




オカシクなる前に・・・相談相手を!



仲の良いママ友がいる人や、自分や嫁ぎ先の親が親切なケースはまれで・・・

一生懸命なやみ、ため息をつき、母子で涙ぐんでいるなんて、旦那さんは知りません。

オカシクなっているのは知っていても、何もできないのが普通です。





旦那さんが仕事が終わって帰ってくると、赤ちゃんがビービー泣いていて、つい「うるせ~」なんて。

「自分の子なのに、どうして?」とか、「少しは手伝ってよ」とか、嫁さんが愚痴ると、無口に・・・

どこの家でもよくありますが、たいてい我慢の限界を越える日が来ます。






子供を置いて、または連れて実家に帰るとか、一人で飲みに行って帰って来ないとか。

その時になって、初めて旦那さんも「やべ~、どうしよう・・・」って気がつきます。

二人の時は何でもない毎日が、赤ちゃんがいるだけで崩壊寸前まで行きます。



男の仕事に例えると・・・



オンナの人だと「育児」が一つの試練ですが、男の人だと営業や経営がうまくいかない時と似てます。

来る日も来る日も、電話一つない日が続き、社長から怒鳴られ、後輩からバカにされ・・・

俺って向いてないのかなぁって、淋しく辞表でも書きたくなる気分の時。





経営者だと、業績が赤字に転落、運転資金を工面しようと、銀行周りをしても相手にされず。

ちょっとオイシイ話があって飛びつくと、詐欺まがいだったりで、首でも吊ろうかなって考える時。

うまくいかず、悩むのは男もオンナも同じで、ちがうのはその対象です。




子育ては、最悪、放棄して母親の座を降りるか、子供を殺してしまうか、自分が病気になるかです。

無責任でも、母親は続けられますが、子供や旦那さんがかなり理解があれば・・・です。

母親の満足や幸せと、旦那さんや子供たちの満足や幸せは違います。




母親スイッチが入りました!



この辺が、子育ての最中に理解できて、母親「スイッチ」の入る人と、入らない人に分かれます。

一人めですぐに入る人もいれば、二人めから入る人もいて、バラバラです。

洗濯ものを干しながら、パート仕事の疲れを取りながら、保育園の送迎時刻を気にしながら・・・




髪の毛ボサボサで、化粧も適当で、ぼんやりしているママを時々見かけます。

子供をおぶって、少し険しそうな表情して、フラフラ歩いています。

旦那さんは残業続きで忙しく、構ったり相談相手にもならないのだなって、誰がみても・・・




最初に戻りますが、子育て支援って、結局何をしようとするのでしょうか?

夜泣きを減らすには・・・離乳食はいつ頃・・・ノイローゼにならないようにするには・・・

旦那さんが手伝うには・・・育児一年生のママには、ハードルが高い日々が続きます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。