So-net無料ブログ作成

今年は株式や通貨、土地や建物に投資するタイミングか? [資産]

昭和の時代はインフレが進んで、物価も上昇、所得も上昇、土地も上がりました。

平成に入って、バブルの時期が過ぎ、デフレがずっと続いています。

こんな時って、会社勤めより、役所で公務員や学校の先生の方が、はるかにいい暮らしです。




世界的に見れば、中国や韓国の経済が失速して、幾分日本の経済が上向きになりつつなります。

でも、給料は上がらないはずで、親の世代の時に上げすぎてます。

だから、給料の安いアジアの他の国に主力製品を奪われたんだって言い訳ですが。





円安ドル高傾向がずっと続くかといえば、また一時的な円高にはなります。

原油は下がり続けますが、中東情勢の進み具合によって、紛争が拡大すれば上がるでしょう。

アベ・・・なんとかみたいな経済政策より、人口減を食い止めないと、10~20年先にヤバイです。




どの会社も平均年齢が上がり、かつ年寄りに高い給料や退職金を払うことが続きます。

団塊の世代の大量退職により、どの会社も若さや資金を必要としているのに・・・

新卒人口が団塊の世代の半分で、勢い定年が延びます。





年寄り同士は、仕事や冠婚葬祭、近所つきあいでよく会うのに・・・

若い人同士の出会いは、あまりありません。

かつて、ヨーロッパが100年くらい前に経験して、アメリカで50年前に問題になった現象が、日本にも。




若い失業者の一部が、犯罪者予備軍になり、詐欺や自暴自棄の事件を引き起こします。

海外に、仕事でも観光でもない目的でフラフラ出かける人たちもいます。

さて、2015年、株は買いかと言えば、一定の割合で買いに入る時期だと思います。




2020年のオリンピックやハイブリッドカーの普及、介護の施設をどうするか?など。

今、現在の日本の経済の向かう方向や速度を考えれば、買いでしょう。

ネットの環境もどんどん改善して、ロボットの開発や再生医療も発展して行きます。




通貨はわかりませんが、また円高傾向に一時的には向かうはずです。

土地は、田舎は下がり続けるでしょうが、相続税の増税はもっとシビアになるのではないかです。

都会の中古のマンションでも、築10年以内のモノは上がるでしょうが、築20年以上は・・・



全体として、税金は上がるでしょうが、投資は微増でジワジワ増えていくかなです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。