So-net無料ブログ作成

ツキノワグマとヒグマ、ホッキョクグマ、最強なのは・・・ [クマ]

近頃、クマの被害に遭う話をよく聞きます。

だいたい、本州のクマはツキノワグマで、北海道のヒグマに比べて小ぶりです。

それでも、民家の近くに出没して、被害に遭ったとか大けがした話が増えてます。

サルより被害は大きく、場合によっては死亡や重傷で病院に運ばれての記事や

格闘して追い払った式の武勇伝もあります。







海を泳ぐクマ?



クマって、山奥にいるイメージがありますが、ホッキョクグマって

主に海岸や流氷の上にいます。つまり、泳ぎが得意で冷たい海水の

中でも、大丈夫です。

エサはアザラシを食べますが、逆に水の中でシャチに襲われたりします。






普段は、人間より大自然を相手にくらしているので・・・イヌイットが

捕まえたりして毛皮や肉を利用。

ヒグマは、ホッキョクグマに近い種類ですが、もっと緯度の低い地域にいます。

北海道だと、昔からアイヌ人の生活の中で、神の使いとか山の神とされています。






が、その性質は凶暴で中には人を襲う場合(三毛別羆事件)もあり、危険な害獣です。

シカやイノシシ、ネズミやサケを食べますが、牧場のウシを襲うこともあるので注意。

体重は300キロを超えるものもあり、火も恐れないし、思っている以上に危険です。




プーさんはツキノワグマ?



ツキノワグマは、日本でいうと本州に生息して、大きさも人間の大人とそんなに変わりません。

エサも雑食で、木の実から小動物まで食べますし、スギやヒノキの皮とか、蜂蜜も食べます。

それでも、爪が長くそれを振り回すので、大けがをしたという話を聞きます。

(プーさんは、アメリカクログマで・・・日本のツキノワグマより少し大きいです。)




私も山奥に子供のころいた記憶では、熊が出るという話はたまに聞きました。

犬が夜ずっと吠え続けていたり、見慣れない足跡があったりで、おそらくうろうろしていたのでしょう。

イノシシやシカも出ますが・・・サルも見かけます。







クマのナワバリやえさの減少


クマも冬眠する場所がなくなったり、エサが少ない年にイライラして

凶暴になるのも理解できます。たまに、捕まえられているのを見かけ

ますが、長野や群馬、山梨ではもっと被害が多いとのこと。


田舎では、猟銃免許を持っている人が高齢化して、ちょっと人手不足

だそうで・・・もっと、免許条件や講習日を緩和して行かないと、

クマは暴れているのに地域の住民は、何も守る術が無くなる時代が


すぐそこまで来ています。


◎この記事に関連する「動物」の記事◎
秋田犬と柴犬、飼うならどっち?家族なみのペットと家畜

タグ:クマ 狩猟
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。