So-net無料ブログ作成

織田裕二、ブラッドピット、ペヨンジュンの共通点・・・ [俳優]

織田裕二って、意外なことに原田知世よりマイナーだったんですね~

ブラッドピットも、「セブン」や「12モンキーズ」あたりでは、まだ新米扱いでした。

ペヨンジュンも、「冬のソナタ」より前は、韓国では売れている方でした。



大学中退して・・・



これらの俳優って、ファンが多いのと同世代の人間にもそれなりに評価されています。

でも、三人とも大学まで行って中退してます。

それに、20代はパッとせずに下積み・・・ようやく、30過ぎてメジャーデビュー!





ブラピなんて、トムクルーズの「インタビューウィズバンパイア」ではまだ脇役ですよ。

私がこれはいいと思った作品は、「セブンイヤーズインチベット」と「スパイゲーム」。

そして、「オーシャンズ11」で、やっぱりこれがブラピをメジャーに押し上げた作品。





一方、織田裕二は「彼女が水着に着替えたら」では、まだ初々しい青年です。

TVドラマ「東京ラブストーリー」あたりから、だんだんメジャーになっていきます。

そして、「踊る大捜査線」(TVドラマ→映画)がシリーズものとして、彼のビッグネームを不動のものに・・・

(湾岸署って、実際2008年から実在してますので・・・フィクションが本物に)






ペヨンジュンも、TVドラマ「初恋」でチェジウと最初の共演、そして同じく「冬のソナタ」。

この「冬ソナ」が日本に上陸した時に、30代の女性を中心に大ブレイク。

ヨンさま・・・後の韓流ブームの先駆けとなり、現在に至っています。




控えめな大人の魅力



ファンが多いスターって、ジワジワ人気が出てくるタイプが多いです。

また、ちょっと控えめな感じで、そこが感情移入しやすい部分かも~

単に派手で大胆なだけでなく、それなりに深みがある・・・陰の部分に魅力がある感じです。




仕事に夢中になって、結婚も遅いかなって所ですが・・・ブラピは再婚して、アンジェリーナジョリーと~

織田裕二は、一般女性といっしょになって~この間息子さんが・・・

ペヨンジュンは、財閥のお嬢様との仲が芽生えてから・・・破局。




ドラマや映画のようにはいかない実生活、こっちの方が関心が高くなるのも無理はないかな・・・










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。