So-net無料ブログ作成
携帯端末 ブログトップ

アップルウォッチ、売れない理由、売れるワケ、調べてみました~ [携帯端末]

アップルウォッチの評価が様々で、迷っている方が多いです。

時計メーカーは売れると判断して、提携しようという動きが活発ですが。

普通のユーザーや評論家、女性の間では、「ダサ~」「売れない」「ちょっと・・・」という声。

(先行予約と試着は4/10(金) より、発売は4/24(金)よりです。)






売れないワケ



まず、評論家の人たちは意外と「保守的」だという、視点です。

彼らは、いろいろな端末を比べて、いい、悪いを語りますが・・・

アイフォンがデビューした時も、「売れない」という声が多数~結果は、逆になりました。




因みに、私も売れるかどうかはともかく、一番嫌いなデザインや機能だなと思いました。

が、きちんと手に入れて、どうにかこうにか使い始めました。

例えて言うならば、男にとって一番イヤで扱いづらいオンナを手に入れる、あの感じです。




今回のアップルウォッチの評価も、「売れない」が多数。

最大の理由は、せっかく腕時計から「解放」されていたのに・・・です。

わかるけど、そんなに腕時計って不便かな?ですが。


売れる理由



まず、アイフォンユーザーは使ってみようかな?という動きがあります。

最初は、値段や機能、使い方で・・・低調でしょうが。

普通の腕時計は、計時機能とアラームくらいでしょうが、プラスアルファを求める声はあります。




ちら見して次の行動を起こすきっかけを、「腕時計」は与えてくれます。

それが一時的に携帯やスマホに代わった訳ですが、また復活するとすれば・・・

イジれる楽しさですか?


今までの端末に共通の機能、ポケベル→PHS→たまごっち→携帯→スマホ・・・

ちょっと飽きた時に、実用的にまたは無意味にいじれるペットみたいな感じ。

これが、アップルウォッチにもあります。


1 ウォッチフェイス 文字盤や予定を自分で変えられる

2 コミュニケート 電話の着信処理や通話も可能

3 アクティビティ 立つ、運動、移動の運動量計測


デザインと電話と運動チェックで、十分だと思いますが。


  




アップルの何がいいのか?



これって、ディズニーランドの魅力と似ています。

機能やデザイン的には劣るのに・・・楽しいし、すばやく反応するのがペットみたい~

また、いじりたくなる、そんな気持ちにさせてくれます。


ディズニーが「夢の国」なら、アップルは「ちょっと頼りないペット」でしょう。

振り向くともぞもぞしている、そんな感じでしょうがないなぁ・・・っていじれる所が魅力。

優等生じゃなく、ちょっと使える存在、俺がいないと~って思います。



多機能のガラケーに飽きて、完璧なアンドロイドスマホもいいけど、アイフォンへたどりつく・・・

だから、アップルウォッチにも、そんな不完全さを補う何かがありそうです。




これからのアイテムのデザイン



人間がいじって、初めて意味のある、そんなデザインになりそうです。

機能も中途、デザインも中途、でもいじり始めて完璧になっていく方向です。

初期設定のものが、いじる毎にだんだんその人のデザインや機能になっていく~


昔の古いTVは、故障するとたたけば直る時がありました。(ハンダ付の不良・・・)

今の携帯端末は、生まれたばかりのペットみたいな・・・育て方しだいで。

忠実な僕(しもべ)みたいになっていきます。



アイフォン、アイパッド、アップルウォッチの三台持ちしてみたいな~

なんて、変ですかね?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ガラ携やスマホ以外で・・・スマートウォッチと眼鏡端末は? [携帯端末]

「ガラケーとスマホのどっち使う?」って会話を、近頃は非常によく耳にします。

そして、誰もが・・・そのメリットを考えて、スマホ派、ガラケー派、二台持ち派、持たない派?になります。

じゃ、他の携帯端末ないの?(それも安くて、便利な~)




スマートウォッチ(腕時計端末)とは?



一言でいえば・・・ガラケー以上スマホ以下の使い方をしたい時に、いい感じ。

つまり、ガラケーは通話やメールに特化しています。(機能が、あくまでも携帯電話中心)

スマホは、携帯ミニパソコンで機能が豊富、だけどチラ見するには少し重い・・・





使いやすさはガラケー並で、機能はスマホ並という、いいとこ取りのツール。

本当か?どうかは、実際に使った方のレポートを覗いてみましょう~

「スマートウォッチは今後普及していくのか?」




やはり、アップルVSグーグルの端末戦争が、このスマートウォッチでもあります。

グーグル規格のAndroid Wear対応製品が多いです。

もうすぐ、アップルのApple Watchも発売される予定です。




ふ~んと思ったのは・・・スマホとタブレットの二台持ちみたいに、スマートウォッチとスマホを使う点。

チラ見は、スマートウォッチ(そのうちスマッチなる略称ができるかも・・・)で、済ませて~

本格的に・・・何か調べたいとか、もっと・・・深い使い方は、スマホを使います。




最大のメリットはバッテリー対策で、スマホ側をずっと使わないので、少し長持ちします。

お値段は、5000~5万円前後で、当然、スマホと連動しますので・・・単独での利用は、時計のみかな?

まだ、使い方がわかっていない方々が多く、腕時計に何かついてるの?くらいの感じです。



じゃあ、デメリットは・・・少し、デザインが大きめかつダサ~

安物のデジタルウォッチって感じで、女性が身につけるには抵抗が・・・

但し、この辺をスイスの有名ブランドメーカーも感じていて、そのうちもっとシンプルなデザインが。




でてくるだろうという予測はできますが・・・

スマホとスマートウォッチの通信規格は、ブルートゥースが多いです。

スマートウォッチのみで通信機能持っているものもでてきましたが、当然高いです。(6万円以上・・・)




眼鏡端末(スマートグラス)?



こっちも、グーグルの開発の方が一歩早く、Google Glassの製品名で開発しています。

だけど、スマートウォッチとちがい、その市場テストで・・・

機能や社会的影響を考えると、まだまだ問題が山積みです。





眼鏡に、小型のカメラやディスプレイを搭載すると・・・まるで、戦闘アニメのキャラみたいです。

この、本当にオタク系の眼鏡をして、どこか歩いていると、プライバシーの侵害って訴えられそうです。

グーグルも、マップでプライバシー侵害が、近頃、よく裁判になっています。






スパイ映画で使われるような端末は、アイデアで終わるかも・・・です。

軍事的にはOKですが、普通の生活では少し早すぎるような感じです。

お値段は、15~18万円(1500ドル)で少し高いかなです。




開発レベルの製品ですので、そのうちレアになるかも・・・

これも、関連記事をどうぞ・・・

Google Glassは失敗だったのか、残された可能性は?




携帯端末の受け入れ・・・・



だいたい、携帯電話が完全に普及する(9割くらい)まで、15年くらいかかっています。

スマホはその発展型ですから・・・でも7年くらいかかっています。

どの人も、知り合いの所有率が5割を越えると、ばかにされそうっていう理由で・・・




泣く泣く訳もわからない、家電製品を手にいれて、学習するわけですが~

昔の三種の神器時代(古いですが・・・)→3C→白物家電→携帯端末と見ていくと。

車やTVもかなり便利になって、携帯電話のスマホ化に行き着きます。




インフラから家電製品へ・・・家電製品から身につける携帯端末へ~

ドラえもんの世界が、よりリアルになっていくかな?です。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ
携帯端末 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。