So-net無料ブログ作成
キーワード ブログトップ

北陸新幹線開業、福井大不倫教え子殺人、原発廃炉の関連・・・ [キーワード]

何やら、ミステリーめいた書き出しですが・・・

昔の推理小説って、こんなネタで現実に~事件や事故をテーマに社会を鋭くえぐっています。

私も、一つ一つは独立した現象も、つなげるとハッとする内容になると気がつきました。






北陸新幹線の開業で起こる変化・・・



新幹線が開通すると、まず今まで泊りがけで行ってた場所を、日帰りで行けるようになります。

これは、観光旅行ではかなり便利になりますが、出張旅行だと経費削減につながります。

まして、役所なんかの過疎地手当みたいな時代遅れの対応が、取消しになるきっかけにもなります。



田舎の人がそれだけ、田舎扱いされるのを気持ちやプライド的に、いやがっているのはわかります。

次に、近くの他の地域との比較で、地価がわずかですが上がり始めます。

今回、新幹線「かがやき」の通過駅が新潟県内の駅二つになり、新潟県知事が激オコと言う記事を読みました。




せっかく駅を作っても・・・「各駅しか止まらないのかよ!」って、これは新潟県を格下扱いにしている・・・

という内容でしたが~う~ん、どちらが田舎かは、原発の数でもわかるけど。

泉田知事が怒るのは、今回統一地方選挙からみなので、使えないとの評価を減らす努力でしょう。



北越急行もだんだん利用者が減り~とうとう、廃止なんてことも視野に入れて考えているでしょう。

上越新幹線や関越道の開通から30年、新潟もまた田中角栄みたいな人の出現を期待されています。




福井大のような事件は、全国のある場所で起きている!



福井大の殺人事件は、起きた当初のいろいろな憶測、噂、ネット上の情報がすさまじく・・・

何が動機で、どんな感じで始まって、結末はどうなるのか?皆目見当がつきません。

スポーツ紙や、ワイドショーなどで取り上げ始めていますが、なぜ?の部分が見えてきません。



私も、このエリート学者たちが・・・起こしたドエライ事件、避けて通ろうかってマジに考えました。

ところが、過疎地の~そしてこれから超便利になる地域で起きた事件で、ようやく理解できました。

かたや奥さんや子供もいるエリート学者、もう一方もこれから学者になろうという院生です。



別に殺さなくても、いい解決方法があったじゃないの~こんな感じでTVや雑誌では始まりますが・・・

普通の人たちが「不倫」をすると~二股三股は当たり前です。

真面目な、堅い商売している国会議員、大学教授などの「肩書き」がモノを言う業界では。




イメージがこわれ、これからの出世に響き、周りにかなり迷惑をかけます。

最悪、自分が自殺に追い込まれるか、相手を殺すとかのレベルまで行く場合もあります。

は、は~ん、なるほど、国会議員や大学教授の不倫や自殺ファイルを、幾つか思い出すと・・・



そこに、凄まじいくらいのエネルギーが感じられます。

世間に知られている「先生」たち、あっちの方面も立派なので、バランスを取るのが大変ってことですか?

「浮名を流す~」って、平成のこのスマホ片手にハイブリッドカーを乗る時代でも・・・あります。











原発の廃炉と地域経済



さて、いよいよ福井の原発が廃炉決定になりました。

これで、喜ぶ人より「どうすんだよ!」って、怒り出す人たちの方が多いはずです。

東日本大震災のストレスで自殺した人たちのデータは出ていますが、原発廃炉で・・・




困って、一家離散てな事になる地域も、これから出てきます。

まず、原発マネーで潤っている地方自治体、その関連企業、その家族たち。

かた一方で、反対運動をして干されていたグループがいて、残りは含み笑いをしていたワケです。



今度は、立場が逆になるので、遺書?陳情書や履歴書、転校届けなど、忙しくなります。

効率の悪い、国内最古?の原発を止めて廃炉ですから・・・

これからは、廃炉公団なんて名称の新しい業界ができる、そんなニュースです。




「よく決断したなぁ~」って思いますが、推進派も地方統一選挙を意識していることは、確か。

安全に回すカネを、あわよくばこの地域を降らせないかって目論見があります。

全国初の解体廃炉業界を、福井県からスタートさせてその税金や関連予算を分捕る・・・



ここまではだいたい予測可能ですが、日経の記事は意味深です。

宮沢洋一経済産業相は閣議後記者会見で、電力会社が原発を廃炉した後の地元経済への影響について。

「随分不安を持たれていることは事実。財政的な制限はあるが、不安のない方策を検討する」と話しました。



原発の依存の自治体は、国から交付金を受け取っているが、廃炉が決まれば支給対象外となります。

経産相は「まだ若干時間があるので、立地自治体と相談しながら進める」と、述べています。

新幹線がゼニを運んでくるから、原発は要らねぇだろうって読めるのは・・・私だけですか?



もう北陸は、ど田舎ではない・・・いろんな新しいことが起こり始める



東京の近郊の圏央道の周辺地域は、今経済が活性化して人口も減るのがストップ。

同じ現象が北陸に起こるかは不明ですが・・・何か変化が始まる「兆し」みたいな感じです。

かつて、高度経済成長期に起こった混乱や事件などが、いよいよ北陸を舞台に・・・始まるかも!です。



まだ、四国や北海道、山陰地域は原発があれば・・・新幹線は来ないし・・・政治家も学者も大変です。

「赤とんぼ」の裏に、こんな経済発展ミステリーがあるのを、気がつくのに・・・時間がかかりました。

◎この記事に関連する「鉄道」の記事◎

鉄道車両の引退は派手~、新幹線開通は値引き合戦?










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
キーワード ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。