So-net無料ブログ作成
ウイルス ブログトップ

エボラ対策~新ワクチンは、「ブリンシドフォビル」や「アビガン」を超えるか? [ウイルス]

エボラ出血熱の治療薬・・・新ワクチンの開発へ~

日本の東大医科学研究所や、米国のウィスコンシン大などの

研究チームが成功しました。

これが、本物で実用化されたら・・・ノーベル賞級の結果ですが?

また、中国などにパクられる可能性もあり、いやはや大変な情報です。








どんな感じ?



東大医科研の河岡義裕教授らの研究チームによりますと・・・

エボラウイルスが増殖するのに、必要なたんぱく質を欠損させた変異ウイルスを作成。

このウイルスは、エボラウイルスが持つほぼ全てのたんぱく質を含むため~




従来のワクチンより高い効果が期待できる一方で、

特殊な人工細胞を使わないと増殖できないため、安全性も高いとのこと。

病原性をなくした「不活化ワクチン」の開発は、これが初めてで~

グループでは、安全性の高いワクチンの実用化につながるとしています。




河岡義裕教授について・・・



この方は、日本では東大、アメリカではウィスコンシン大学で研究しています。

そして、去年・・・その研究結果より、いろんな非難を受けたことがありました。

H1N1型インフルエンザ(豚インフルエンザ)ウイルスを、意図的に改変する研究。




世界中のウイルス学者が、反対を唱え、その危険性を指摘しました。

でも、本人はケロっとして、人命を救うことにつながるし、安全性についても・・・

実験施設は、二重ドアや空気が外部に漏れない仕組みを備えるなど~



バイオセーフティレベル3(BSL-3)の基準を満たしているし・・・

経験豊富な科学者たちによる適切な管理下にあるため、

「ウイルスが外部に流出するリスクは、ほぼゼロに近い」と強調しています。

参考までに、東大の医科研のHPです。








ハイリスク、ハイリターン



結果的には、うまく行きつつあるわけですが・・・

この辺が、去年のSTAP細胞の小保方博士のスキャンダルと、

どうしても比べたくなります。

科学技術の発展と、世間の評価って、どちらも大事だなって思います。



また、原子力技術や東京電力に対して、世間が冷たい評価を与えるのも・・・

その自由な情報や議論を封印して、一方的に「原子力は、正しく安全」

というメッセージだけ~なので、みんなが怒りだしている訳です。




この21世紀は、専門家が何かどえらい事をしでかしても、その段階で・・・

きちんと、誰にもわかる説明がなされていれば、別に騒ぎにならないでしょう。

逆に、仮説や実証、考察や検証もなしに、突然大発見や大事故が起きたら~




その当事者は、マッドサイエンティストやクレイジーな技術者の評価が下されます。

河岡教授も’14年には、マッドサイエンティストとして非難されたのに・・・

今年は、スゴイことになるって、まるっきり逆の評価がされています。




ロベルトコッホ賞の受賞者・・・



そして、ロベルトコッホ賞の受賞者に、河岡教授(’06)と山中教授(’08)

がいらっしゃいます。現在、ドイツ連邦共和国の学問の賞の中で、最も高額

かつ名声の高い賞です。



医学研究のなかで、主に微生物学・免疫学分野における優れた業績に

対して与えられます。

ノーベル賞は知っていたけど・・・これは、知らなかったです。



日本人って、国内で評価される人より、海外で知られている人の方が

スゴイ~って、いつも思います。もっと、いろんな事を新聞やTV、

ネットで知らないと、危うく知らずに過ごす所でした・・・

◎この記事に関連する「医療」の記事◎
インフルエンザは流行っているのに、エボラのニュースは?





ウイルス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。