So-net無料ブログ作成
女子力 ブログトップ

オンナの引き際、稲田防衛大臣そして蓮舫民進党党首、いつやめるか? [女子力]

稲田防衛大臣の交代が秒読み段階、八月の内閣改造時に次は無しの

予想です。これだけ、防衛大臣としての職務を理解しない方も、

珍しいです。

そして、同様に蓮舫の民進党も離党者だらけで、元々寄せ集めの

イメージがあった旧民主党ですが、ここに来て加速気味~このお方

の責任ではないですが、求心力が低下中。







防衛大臣は政府の顔、普通は要職


外務大臣と並んで、その時の政府の顔やスタンスがはっきりでる

ポジションです。稲田大臣が登場した時、マスコミは歓迎ムード

でしたが、連続した失言問題にさすがに「諦め」の論調が多いです。


思想的には右翼ですが、これじゃ単なるプチ右翼女子でしょう~

自分の行動が、かなりオカシイって気がつかないのが、変です。

大臣になったら、バランス感覚がモノを言う世界なのに、あの


発言にこの行動...オバマと安倍の真珠湾の慰霊後、すぐに靖国

神社に行くセンスが、こいつ馬鹿丸出しじゃん!と、いくら

非常識な野党政治家でもコレにはビックリしていました。


国際的な最高の政治ショーを、一人のバカ女がぶち壊しです。

本人は、靖国神社に参拝して何でダメなの??と反省なしです。

平成に入って女性大臣がかなりの数誕生していて、やがて女性



総理大臣も出てくるのではないかという期待と、逆に今回のような

大臣なのに、少しもその重みがわかっていないというケースも出て

てきます。まさか、防衛大臣の「手引き」とか「心得」とかを、



総理大臣が教えたり渡さなければならないような、そんなレベル

の人間が大臣になるわけがないという常識が、今回ばかりは通用

しなかったようです。


単に右翼女子では勤まらない


気持ちはわかりますが、国益や国際的な非難とかをよく計算して

行動することが防衛大臣には求められていて、歴代の防衛庁長官

や防衛大臣には涙ぐましい努力の跡が見られます。


なぜか?ちょっと過激な発言をしたために、全国で黙々と活動する

15万人の自衛官やその家族に対して、いわれのない非難がされる

ことが、自衛隊の発足後ずっとなされてきました~


戦前、兵隊や軍部がいばっていた時代があったのは事実ですが、だから

と言って戦後に自衛隊やその家族がずっと日陰の存在のまま放置されて

来て、学校で差別の対象だったのも事実です。


国際派遣の慎重な対応を一歩一歩重ねてきて、今日の自衛隊の評価が

なされていることを考えると、防衛大臣の慎重さは下手をすれば、

総理大臣以上のそれがあるポジションです。






選挙対策としてのマドンナか?


蓮舫さんが党首に選ばれたきっかけですが、ある一定の知名度とそこそこ

の経歴でかつてのおたかさん(土井たか子)旋風を期待したのでは?と勘

ぐれます。でも、蓋を開けてみれば~これも党首としてのバランス感覚に


欠ける行動の連鎖でした。一女性議員としては普通でも、野党の党首と

しては支持できないという評価がなされて、離党者の続出です。党首と

しての方針や考え方が、党の顔として広く理解されなければならないの


ですが、こういったスタンスが蓮舫さんにとってよく理解できなかった

らしく、わかりづらいとか早急とかの批判や愛想がつきた的な声が多く

そろそろ交代かな?という所です。


離党者が続出、このままでは社民党なみ


かつての日本社会党は、村山内閣の時に大幅な方針転換を余儀なくされ

結果として社会民主党に看板をかけかえ、さらに拉致疑惑の時に無いと

言う公式見解を出したために、国民の支持を失いました。


民進党も、かつて与党だった民主党時代に何も実行できなかったという

暗黒の歴史を引きづっていますので、このままで行くと消滅してしまう

怖れがあります。ここで、野党を結集してというかけ声だけはあります


が、大阪維新の会や都民ファーストの会の方が、はるかに勢いや支持を

集めています。旧民主党の時代に、自民党に代わって何かしてくれると

いう期待感があったあの2000年前後の勢いは、今はもう無いですから...


いっそ、社民党を合併して旧社会党を復活させたらというアイデアも

ありますが、いい加減に国民も看板の架け替えやパフォーマンスには

飽きています。小池都知事や橋下元大阪市長との差が、どんどん開いて


いる事実は動かしがたいです。

◎この記事に関連する「女子力」の記事◎
権力を持つ女たち、とよた議員、稲田防衛相、安倍夫人の破壊力
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

権力を持つ女たち、とよた議員、稲田防衛相、安倍夫人の破壊力 [女子力]

とよた真由子議員の動画や音声が毎日のように、TVで流れていますが

なるほど迫力があり、その辺の事件や事故が霞むくらいです。

さらに、稲田防衛大臣の発言、非常に心強くかつての石原元知事並みの

国防精神に満ちた都議選応援演説、本人は何か悪い事言いました?と

あっけらかんの様子。そして、森友学園の籠池夫人とツーカーの安倍

夫人、旦那の安倍総理の気持ちを少しも忖度せず、自由奔放な毎日は

ステキです~







なるほど、破壊力抜群!


発言と言っても、とよた議員の秘書に対しての暴言はまだカワイイです。

なぜなら、車や部屋の中でのやり取りですから、これをみんなの前で

やっていたら当然問題なわけで、よく暴露した!と感心しました。


センセイたちのストレスは、結果的に秘書や運転手など身内の弱者に

向かいますが、彼らも有権者であり納税者であることを考えると、

本来文句を言う相手ではないと考えるのが本筋です。


つまり、代議士になったばかりのセンセイたちにとって、文句を

言える相手は、自分より後輩の議員のみです。

代議士心得、大臣の手引き、ファーストレディの生き方


近頃、女性議員や女性大臣が増えてきましたが、これらのセンセイたちは

見よう見まねでこなしているのでしょうか?アメリカのトランプ大統領も

自己流のやり方で非難や苦情の嵐で、スタッフも大変です。


本来、代議士や大臣になる方々は学習能力や積極性が普通の人より高い

場合が多く、先輩の議員や大臣よりうまく立ち回るケースが多かったです。

ところが、ここ20年ばかり素人のそれもその辺のオバサンやオネエサンが


ある日突然国会議員になったり、さらに大臣に任命されたりしています。

田中真紀子センセイの場合は、自宅にいると父親の田中角栄氏に会いに

TVで見る代議士のセンセイたちが、毎日のように来る環境での出馬でした


から、ぶっつけ本番でもなんとかこなしたでしょうが...

今まで、人前で挨拶さえしないような女性が突然、代議士です、大臣ですと

言われても、はて、何をするでしょうかね?~誰も教えてくれません。


スピーチライターもいないし、演説の原稿も書いたことがないし、ぶっつけ

本番でしゃべっていると秘書や側近のスタッフが騒いでいる、聞いてみると

かなりヤバイことを自分が言ってしまったらしい、さぁ相談する相手も


いない...とこんな毎日でしょう。






誰か弁護して上げないと...


とは言え、彼女たちも人間であることを考えると、ミスもするし

愚痴の一つも言いたいでしょう。だったら、同じセンセイたちに

言えばいいのでは~と思います。立場がちがう人間に、やたら高飛車


だったり、大風呂敷を広げたり、威勢のいい会話をした結果がこの

有様ですから...また、男性議員は誰に対して何を言うかハッキリ決めて

からしゃべり始めますが、女性議員の中には明らかに立場を考えていない


発言をして、周囲の有権者やマスコミから???の疑問が生じている場合

があります。稲田防衛大臣のケースは、それこそ「大臣心得」みたいな冊子

を菅官房長官が作ってあげればと思うくらい、ド素人です。



また、安倍昭恵夫人の場合はさしずめ「首相夫人の手引き」みたいなガイド

が必須ですね~公の場で何をすればいいかは、歴代のファーストレディと

同じですが、発言や名誉職に就く場合のガイドラインは、後々の国会運営


まで影響を与える場合があり、脇で控えているだけでないケースの典型です。



オンナの発言もこれだけ重くなった


今回の都議選('17)に、これだけ与党の女性が影響を与えたのも、政治に

女性が陰に日向に進出している結果ですので、流れとすれば良い方向です。

と同時に、今まではオンナの発言だから配慮して下さい~で通った場合も


ありましたが、これからは男と同様に厳しくご指導下さい!に変化することを

期待したいところです。行く行くは、女性総理の誕生さらに女性天皇も

期待しては不敬でしょうか?


イギリスは、今エリザベス女王とメイ首相で十分まとまっています。

日本も、女性の天皇陛下を仰ぎ、女性総理大臣の挨拶を夢見るのは決して

まちがっていないと思います。

◎この記事に関連する「女子力」の記事◎
今年の流行語は不倫!宮崎謙介議員と三人(宮沢、金子、加藤)の美女たち・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今年の流行語は不倫!宮崎謙介議員と三人(宮沢、金子、加藤)の美女たち・・・ [女子力]

ベッキーに続き、宮沢磨由さんの・・・というより、今回の不倫疑惑~

明らかに、男性側に非があるような感じです。

渦中の宮崎謙介センセイ、辞職を願い出て潔く引くのかと思えば、そう今年は衆参同日選の年・・・

安倍内閣も、甘利大臣の辞任、宮崎議員の辞職と選挙前からかなりの禊(みそぎ)状態。

今年の選挙、早くも前哨戦からして自民に不利ですが・・・

さて、三人の美女とゲスの議員のプロフィール眺めてビックリです。






宮崎センセイ、プレイボーイ気取りなのか?


このオニイサン、最初の加藤さんの所へ婿養子で入った時に、なぜ簡単に離婚したのか?

そのまま、加藤さんのお父さんの加藤紘一氏の人脈や看板をそっくり頂けたのに~

本人曰く、当時は政治に全然興味がなかったとの事・・・バカじゃないの!


でも、自分で衆議院選挙に出て初めて欲が出てきたのか~

政治の世界って、芸能界やプロスポーツ以上に保守的でドロドロしています。

よそ者同士が手をつないで戦ったりで、当然弱い立場なら強くなるために・・・


相手を利用したり、のし上がるのが当たり前~下剋上まんまです。

政略結婚や少しでも箔がつく経歴に飛びついたり、票になるなら少しくらい強引でもOK!

画像を見ると、なるほど美女の宮沢磨由さん


宮沢さん、なるほどグラマラスな感じで、別に普通の男性でも振り返るレベルです。

問題は、普通の妻子ある男性がそのまま育休で浮気するかと言えば・・・

宮沢さんが誘惑したとかで謝罪していましたが、この辺が難しいところです。


国会議員というより、やり手のプレーボーイ~ホストならトップで稼げるのではないか?

というレベルの男性に、わずか一か月で気を許したこの女性もある意味で被害者かも・・・

どうみても一般の女性なのに、有名人扱いするネットの威力は、TVや雑誌を越えています。


今年の流行語、まさに不倫から出た真実が生々しく、それも30前後の適齢期の男女にです。

今回、マスコミも選挙関連では騒いでいますが、男女の仲として騒いでいない事実~

若い人たちが結婚しなくなって久しく、むしろ騒ぐ年配の人たちの方が悪いと取られません。






金子恵美(めぐみ)議員、立派な経歴


金子さんや加藤さんの経歴を見ると~なるほど立派です。

代々政治家の家系みたいな感じで、とりあえず品の良いお婿さんをさがしていました。

そこに現れたのが、政界のプレーボーイである宮崎センセイ、ナイスガイであり将来性たっぷり。


問題は、最初の離婚の時の様子、金子センセイ側があまりチェックしなかった模様。

国会議員でそれなりの容姿、若くバイタリティあふれる、これは唾つけておこう・・・

やはり、金子センセイ側に計算と油断があったと見られます。


これからの秘書には、金庫番(かばん)や城代家老(地盤)、イメージ担当(看板)以外に・・・

下半身ゴシップ担当が必要かなと思います(単に中国視察時のハニートラップ対策だけでなく)

一々女性票を計算して、この件はこの程度と決めて、それ以上墓穴掘らないようにもみ消す。


または、別の方向に持っていく、できたらお婆ちゃん的な秘書が必要です。

年を取るとこんな微妙な判断いくらでもあり、リップサービスなのか?

本当に親切なのか?はてまた本気なのか、煙に巻く機会があります。


センセイたちが若いと、側近も放置してあまりチェックしないとか、これからの時代・・・

周りがとやかく言った方がいいかもです。

加藤鮎子議員も、元婿どのより優れている


今の時代、田舎では婿養子っていまだに続いています。

が、宮崎謙介センセイはこの慣習にそまらなかったのでしょう。

せっかく楽に手に入った婿の座を捨てて、離婚してしまいました。


加藤センセイ側も当てがはずれた感じで、おそらく反省しきりでも・・・

今回の件でやはり被害者だったと、ようやくほっとしている感じです。

政治家の嫁問題以上に、婿問題は尾を引きます。


まして、家柄がそれなりの地方政治家のおうちだと、大学や留学先でのお友達に・・・

へんな虫がいないか?まさに、ご学友が婿どのに発展する瞬間を~

側近や秘書が、みんな目を光らせている現状、別に皇室だけではありません。

◎この記事に関連する「政治」の記事◎

政治家とカネ、甘利大臣、野々村元議員、松村参議院議員の記憶障害のメカニズム

◎おしゃれ特集◎
Vivian(ヴィヴィアン)

007速配カラーコンタクト


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小保方晴子、上原さくら、上西小百合の被害者意識度・・・ [女子力]

渦中の女(ひと)として、三人上げて見ました~

どの方も女子力が高く、私のどこが悪いの・・・って、うるうる~

でもね~やはり、けじめはつけてもらわないと・・・小学生でも、

変なオバちゃんって言ってます。





三人のお嬢様に共通の、変な所



よく言えば「お嬢様」、悪く言えば「世間知らず」ですか?

自分が今何をしていて、それが万が一間違った方向に行っているのかも?

って言う謙虚さや反省がない、年ごろです。



上司や、元旦那、関係者に守られているのを・・・

自分の魅力や実力と、勘違いしているかな?です。

でも無理はないです~男もオンナも30前は、子供扱いですから・・・



周り中から、「この子、調子に乗り過ぎてない?」って、思われていたら・・・

特に、同じ女性からの反感や妬みは怖いです。

男はオンナに対して、弁護したり味方になろうという気持ちが強くても~


コイツのために、反撃して一矢報いてやろう、世間をあっと言わせようという輩(やから)は。

そうそうは、いないはず。(オンナの敵は、女です。)



一番手に負えないのは?



上原さくらさんかと思いきや、上西小百合センセイでしょう。

何せ、このまま大阪維新の会をぶっつぶす勢いです。

あのデレデレした、何か文句ある?という挑発的な態度・・・



秘書の男性の方より、こちらの姐さんの方がよほど貫録ありです。

この戦、昔、小泉純一郎元総理が現役時代、田中真紀子元大臣とのやりとりを思い出しました。

器や貫録という点で、橋下市長の負けです。(世間は、味方につけていますが。)


この件が原因で、統一地方選、維新の会が泥まみれになる可能性は大きいです。

理研のダメージや青山「王子」への非難より、規模が大きいです。

有権者、男とオンナ、意見が割れれば、維新「沈没」!になる、この辺が橋下さんもバカじゃないです。






逆に同情を誘うのは・・・



小保方博士でしょう~

あの、鼻が少し上を向いた、なんともカワイイお顔。

つぶせ理研、NHKなんか不要、って叫びたくなります。


国内の中小の研究施設にとって、理研は神のような存在。

野依さんがやめた時、うへぇ~そこまで、理研を守るんかい!って、会社人間はビックリ。

笹井さんは、本当に大変なことで・・・男って、最後は組織を守ります。(オンナじゃありません。)


三木弁護士も、やっかいな仕事を引き受けて、まさに社会正義の実現です。

この辺の事情も、フェアが本場のアメリカでも、似たような感じで。

連邦政府や多国籍企業を相手に、今日も一人で戦いを挑んでいるロイヤーが・・・



ない知恵絞って、がんばっています。

タカタも、倒産か合併寸前まで行くんじゃないかって、心配してますが・・・(これは余談です。)



個人的に、言わせてもらうと



青山「王子」を、ワルだという評価がありますが・・・

上原さんの魔性の女度の方が高いのではないか?と、常々思っております。

この方、これはって言う実業家の方と結婚されていますが・・・



つりあっていないので~は、と言う出来事が多いです。

男の私から見て、カワイイけどバカ女度が高い!だから、捨てられるんだよ~

って、可哀そうに見えます。



お金持ちの男性って、やはりセレブ度の高い女性を求めます。

その意味で、お里が知れたので・・・ポイされたというワケです。



◎この記事に関連する「セクシー」の記事◎
ざわちんとローラ、売れないイヤ売れてる芸人は?アイドル系~




タグ:女子力
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ざわちんとローラ、売れないイヤ売れてる芸人は?アイドル系~ [女子力]

今、売れない芸能人や一発屋芸人、物真似系タレント、声優の話題・・・

「ざわちん」って、当然知らない人の方が多いですが~

(若い女子は、知ってる方が多いです。)

私も、当たり前のように、いろいろとウィキってみました。

グーグルの画像検索でも、なるほど似ていますね~

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">






そっくりさんでデビュー



見た目、あのAKBを卒業して、ショップを開いた板野さんに、

くりそつ。(潰れたのは、篠麻里ショップでした。)また、

群馬の太田市出身だが、なんとハーフ。




どうしても、日本人って外国人に弱いです。

じゃ、ローラだって、ハーフ(クォーター)じゃんって、

突っ込みたくなります。そして、親孝行娘です。



(この件は、公開されていてもかなり個人情報的な部分ですが)

なぜか、芸能人って見た目きれいな人ほど・・・お涙ちょうだい

的なストーリをお持ちです。





キッカケは、何でもない一言


もう、写真週刊誌や女性週刊誌の関係者になって、いろいろ

突っ込みたくなる人っています。子供たちが、あっ、AKBの

**だぁって騒いだ瞬間、老いも若きもみんな一斉に振り向いた北関東。



ド田舎のTVしか娯楽のないところで、デビューのきっかけ生まれます。

ヒロインって、シンデレラ的みじめさがないと、一躍アイドルになれません。

年末番組の「ガキ使」のあるシーンがいまだに、脳裏から消えません。



あれって、子供たちもあの時間帯にみんな見ているんですよ~

昔なら、親が注意したり、こんなもの見てはいけませんなんて・・・

今の親は、苦笑していっしょに見てますが~



やはり、ローラに軍配を上げますねぇ、ザワチンより、がんばってる!







出演頻度で露出度アップ



えっ~、ざわちんの方が、あちこちにでてるし・・・

ブログもすごいことになってるし、との声も無視できませんが。

どんなピン芸人も、一度ブレイクすると行くところまで行きます。


やがて、先輩芸人にドついたり、生意気なことやるんですよ...

でも、視聴率かせいでいると、周りもチヤホヤして何も言わない

から、やがて墓穴を掘ります~確実に。

◎この記事に関連する「セクシー」の記事◎
岡村真美子にみる強(したた)かさとしなやかさ、不倫アイドル

タグ:B級
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
女子力 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。