So-net無料ブログ作成

TPPは日米で文句の付け合い、AIIBは日米で仲良く静観 [経済]

TPPがもめていますが、日本はなんとかアメリカの要求に屈しない構え。

AIIBは、どうせ中国がいばって金だせって言う、いわば国連と同じ負担になる~

この二つのキーワード、子供でもわかるように教えて下さいな~






TPPで、なぜ日本はアメリカから圧力を受けるか?



まず、日本の農業は衰退の道をたどります。

同様に、アメリカの工業も打撃を受けます。

でも、関税がなくなることのメリットはかなりあります。


お互い、自分の国の急所やデリケートな部分は、触られたくないのです。

できたら、除外してもらいたいけど、どちらも自由貿易を看板にしているので・・・

今、太平洋上で向き合って、関税の壁をどのように壊すか、もめています。


結果的に、日米の経済が一体化するのですが・・・

なんか、金髪イケメンのだんなさんといっしょになる、大和なでしこの気持ちでしょう。

何だかワクワクするけど、乱暴しないで~


軍隊だけでなく、経済もいっしょ、いいのかな?

昔、鬼畜米英だったのに、今じゃイギリスより忠実なしもべですね~

まっ、中国に対抗するためには、経済的にもアメリカよりの方がいいけど、う~ん。


AIIBを日米抜きで行くと、なぜヤバイのか?



中国とアジア、ヨーロッパでスムーズにスタートかな?です。

実際は、19世紀の植民地争奪と同じ道をたどりそうです。

それに、EUも昔ほどの経済力はないし、中国はカネはあるが常識がない・・・


結果的に、日本の田舎の銀行なみの焦げ付きや不正融資など・・・

最後、どこが責任を取って、その穴埋めをするのか?

だから、日本やアメリカは国連で懲りているので・・・(中国はロクに払っていない!)


最初は静観、動かざること山のごとし~

静かなること、林のごとし~です。

滞納率65%の中国が、銀行を設立するなんて無理!(韓国は85%です!)


日米のアジア開発銀行(ADB)で十分、もしAIIBに日米が参加するのなら・・・

あくまで、日米主導で行くことを条件にして、時には拒否権も発動!なんて感じでしょう。

もうけ話より、最後は誰がケツをふくかの問題ですから。(下品な表現で申し訳ないです)







中国の国力と日米欧のレベル



国力は、以下の条件で確認できます。

1 軍事力や政治的影響力、つまりワールドパワーの一つか?

2 経済力や技術開発力、つまり借金せずにパクらないか?

3 文化的に独自な影響力、つまりトレンドやファッションを発信しているか?


中国は、1はともかく、2や3でまだまだです。

EUの方が、2や3で強く今のところ、中国より優位に立っているかな?です。

日本は、資源や経済問題で中国と競争はしても、もう援助はしないとの方針。


アメリカも日本にケツを拭かせようとしたら、中国のケツの方がデカいことに注目。

金持ちってゆっくり、危険から遠ざかりながら、かつ儲けようとします。

今の時代、テロや紛争の当事国や支援国って不利です。


口では、テロ反対や紛争防止と言いながら、軍産複合体の維持に努めるのがベター。

この「田舎」銀行設立、エコやサイバー、通貨や資源ともからめてもめそうです。



今、世界の景気は?



やや上向きで、株も通貨も日米に有利です。

こんな時に民主党は、すぐAIIBに参加すべきだと言っていますが・・・

じゃ、お前らが政権とって中国詣でした時は、どうだったかと言いたいです。


今の日本、アベノミクスがどうだとか、安倍右傾政権とか言ってますが・・・

それ以上に、中国の侵略の度合いが著しいです。

結果的に、マスコミが中国に利用されている感じで~



安倍政権の非難や中傷をすればするほど、中国がほくそ笑むので、見ていてバカみたい。

むしろ、AIIBに参加すれば、中国の軍事化や侵略に歯止めがなくなる!って言う論調がゼロ。

尖閣諸島の次は、南鳥島の侵略か?みたいな、報道が全然ないです。



まっ、景気はややよくなりつつある、だけど韓国はかなりヤバイ状態です。

この国を助けて、かつ中国をけん制する意味での参加でも、覚悟は必要です。







タグ:TPP AIIB 米中
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。