So-net無料ブログ作成

知床半島の様子、不思議だけど隆起や沈降は地震を伴わない・・・ [地学]

知床半島のニュースを見聞きして、誰もが大地震がくるのでは?

って思ったはずですが、実際、何も起きていません。

なぜだ、気象庁は何やっているんだ~って、怒りやクレームのメール、電話を出す前に・・・

隆起や沈降、地滑りのメカニズムについて、ちょっとレクチャー。

この手のテーマ、科学雑誌「ニュートン」ではよくやっています。






地震や津波、噴火の前後の変動


特に、東日本大震災の時に東北地方沿岸の土地の沈降が発生しました。

阪神淡路大震災の時には、淡路島で断層が発生しました。

じゃ、今回の何でしょうか・・・


別に、ネパールの震災の影響でもないようですし・・・

火山の噴火でもあるのかって疑いたくなります。


何も伴わない変動



何も伴わない変動もごくたまにあるそうですが~逆に不気味です。

今回の地元の様子や学者の分析によると、大規模な地滑りの結果・・・

その土砂が海岸線の海底を押上げたという見解だそうですが~



本当にそうなのか?間違いないのか??去年のスタップ細胞騒ぎの時、誰もが感じたことですが。

ニュースで、いい加減な情報が一人歩きすることがよくあります。

本当は「不明」「わからない」「調査や分析不足」「ノーコメント」なのに~



えせ学者や知ったか評論家がえらそうに、TVや雑誌でいろいろな説を述べました。

結果的に渦中の人が、全部責任を追う形でしたが・・・その組織もおかしかったのです。

中国や韓国のことを変だという前に、自分たちの社会も変な騒ぎをしている自覚が欲しいです。








ムー大陸やアトランティス大陸


伝説では、地中海にあったアトランティス大陸や太平洋にあったムー大陸は・・・

一夜で沈んだと言う話ですが、本当にそうかな?って思えます。

大昔の人たちでも、地震や津波、噴火の記録は残しています。


ならば、一夜で沈む前にいろんな兆候があったはずですが~

現実には、「日本沈没」のようなSFでのお話でも、いろんな宏観現象が見られるので・・・

あっと言う間にはないでそうです。(と言うことは、御嶽山の噴火も探せばあるかも)


まだ、地球的な規模の災害はわかっていない事が多く、それはネットの時代でもです。

宏観現象をインターネットで何年も収集して、100年単位での予測くらいはできそうですが?

ホリエモンの「想定外」って言葉、やがて「人工知能」がそれを超える日が来ます。

ある日突然、日本沈没または日本隆起はおこりうる・・・


天が落ちてくるというありえない騒ぎを、中国の諺で「杞憂」と言いますが~

現実に人工衛星やロケットが落ちてくる時代だと、鳥のクソでは済まされません。

一万分の1でも、一億分の1でも起きてしまえば、ああ困ったです。


’14年の大雪災害も、確率的には二万から四万分の1の確率でした。

でも、そのために雪の降らない地域で、雪崩対策をしろって言われても・・・ムダです。

そのときはその時で壊れた家を直して、なぜこんなに太い柱を使ったかなって考えるのが大事です。


火事でさえ、400年に一回だそうですから、確率的には15万分の一です。

台風による被害はかなり高く、年に5~10回来ると、35~70分の一です。

津波や噴火対策をしろって叫ぶ人たちは、確率のお勉強をしたらって思います。


競馬やパチンコで当たる確率と比べると、台風は似たりよったりですが・・・

それ以外の災害はかなり低いですが、被害は甚大です。

◎ネットビジネスに関心のある人向け◎

■あなたが今回の無料モニターですることは
基本的にないです。
作業のないビジネスです!!

そのビジネスが、今回の日本初上陸ビジネス!

勿論、合法です(笑)

スマホでたった、月に120分で
あなたは数億円を稼ぐことができます。

これまでのネットビジネスの常識を壊し、

【もっとも簡単に稼ぐことができるビジネス】

そうです。簡単にお金を稼ぐことができます。

そんなとんでもない前代未聞の日本初上陸!ビジネスがこちらです。

http://directlink.jp/tracking/af/1401272/V11u3li0/

※期間限定公開なので、
 今すぐ見ておいてください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。