So-net無料ブログ作成

中国の経済力、日本の技術力、アメリカの軍事力が一つになると・・・ [国力]

中国の南シナ海進出に、アメリカだけでなくインドネシアも強硬手段にでました。

これは、アセアンも中国並みに経済力や軍事力を背景に、国力がついてきた結果です。

もう東アジアは、日本の一人勝ちではなく、中国がイチャモンつけたり~

アセアンも何かアクションに出る、そんな時代です。






大規模な戦争は起こらないが・・・


戦争準備が完璧な国は、戦争を回避します。

なぜならば、戦後の後始末や混乱と、今の経済や社会の発展を比べてますから。

逆に失うモノがない、いつ死んでも別に怖くない国は、戦争を始めます。



よく侵略したとか、防衛戦争だったとか、不毛の議論をしている政治家や学者がいます。

戦前の日本は、征台の役から第一次世界大戦までは防衛戦争に近かったです。

なぜならば、負ければ国土の大半を失う怖れがありました。(これが防衛戦争の定義です)


ところが、満州事変あたりから、軍部に外交や内政がひきづられました。

列強との外交バランスや中国の軍閥との関係が、かなりオカシイ状態になっていました。

今の中国やアメリカとの関係と比べると、雲泥の差です。


経済的な格差を、埋めようという動きは活発


経済の格差も国力の差に表れる通り、戦前の日本とアメリカの差は段違いでした。

なのに、堂々と戦争した無謀さもあきれますが、1:20じゃどうやっても勝てません。

ゼロ戦と戦艦大和だけでは、B29と原爆に勝てなっかたワケです。


さらに、日本兵がスコップとツルハシで塹壕を掘っている時、米軍はブルドーザーです。

日本が敵性言語として英語を禁止していた頃、日本の暗号を日系人も動員して解読していました。

考え方や判断力でも、日本は開戦前から負ける原因がありました。







人件費が上がった地域は、旅行に出かける


アメリカは100年も前から、世界をあちこち旅行している金持ちたちがいました。

日本も高度成長期に、地方の農協や商工会の海外視察がおおかったです。

今、中国の田舎の人たちがあちこちを旅しています。


外貨を持って、それを落としにやってくるワケですが・・・

爆買いをして、表向きは尊敬され、裏ではバカにされる~

かつての日本の農協さん御一行が、ヨーロッパでやったことを、中国の田舎モンもやってます。



そして、経済格差や技術格差をしみじみと味わうことになります。

かつて、日本人もなぜ欧米は発展し、かつ植民地を放棄したかを学びました。

同じように、中国人が日本に来て、なぜ新幹線は脱線事故がなく~

日本製品の品質がよいのかを学んでいるかは、不明です。


貧しい地域は、「教育」が貧しい


いまだにテロや暴動の多い地域って、大人になればなるほど自暴自棄になります。

なぜならば、計画も知識も技術もない上に、お金や仕事がないワケです。

モノカルチャーやプランテーション経済でずっと来た地域は、今かなり貧しいです。



同じアジアでも、インドより西と東でものすごく格差があります。

華僑や印僑は、子供の教育に手間暇かけています。

アセアンの発展と彼らの存在は、密接な関係にあります。



インドネシアと中国のバランス、これからの東南アジア情勢の目安になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。