So-net無料ブログ作成

炭の利用法~昔は暖房、今は調理用・・・電子レンジよりウマい! [燃料]

炭って、昔はいろんな所で使われていました~

ところが、原子力発電が始まった’70年代ごろから、徐々に廃れ始めました。

まず、かまどがなくなりガスコンロに・・・こたつやお風呂が電気やガスに代わりました。

そうです!今、炭と言ったらBBQ用しかない、だけど使い方が?です。






炭の種類と使い方


白炭(備長炭)、黒炭、消し炭の3種類です。

白炭は作り方が違い、普通の炭窯ではできません。

素人でも作れるのは黒炭です。


消し炭は、一度火が付いた炭でボロボロに細かくなって、火が付きやすい状態のものです。

あと不良品は、煙がすごくでます。

上質のモノは煙なしで、かつ高温度が持続します。



昔はどの家でも、炭が薪小屋の近くに置かれていました。

今は電化したり、都市ガスやプロパンの普及で、そんなスペースは皆無です。

炭の出す赤外線


近赤外線と遠赤外線があり、特に遠赤外線が他の燃料と違うところです。

普通、火で炙ると近いところが焦げて、遠いところは生のままです。

炭火はこれがなく、均一に焼けています。


それで、銀座や赤坂などの高級料亭などでは、備長炭など品質のよい炭で調理しています。

お客さんに出した魚が生じゃ話になりませんから、炭も一流のモノを使うワケです。

でも、値段が黒炭はキロ100円前後ですが・・・


白炭(備長炭)はキロ500~1000円で、普通の家庭で使うには髙過ぎます。

あと、炭を使う場合に、屋内では、必ず換気をして絶えず窓を開けたり、換気扇を回すこと!

近所の集会所で炭ごたつを使ったら、3回も一酸化炭素中毒事故が起こりました。


屋外のBBQなら問題ないですが、風の強い日は火の粉が飛ぶので注意です。






着火方法が意外と難しい


炭の着火って、意外と難しいです。

子供のころは、新聞紙に火をつけた後、少し強めに団扇であおいだ記憶があります。

点けば、軽く2~3時間は持ちますが~点くまでの、2~3分がじれったいです。


消し炭を使ったり、着火剤を使ったり、ガスライターで炙って着火もありですが・・・

新聞紙を丸めて、10センチX10本くらいの着火法が一番手頃です。

スマホに動画が載ってました。



この着火方法は、炭の燃焼のために 1熱 2酸素 3時間 の三つがきれいにそろっています。

あと、湿った炭は2~3日外で乾かしておけば、そんなに手間がかかりません。

良い炭ほど、着火に時間がかかります。



備長炭の着火で手こずった経験があるなら、炭に詳しい方です。
 

肉・魚を焼くと、これがウマいです


この間、知り合いの社長の家でBBQをやりました~

始めに火を起こしておいて、丁度よいころにみんなが到着し、肉を置きました。

すぐにジュウジュウ音を立てて、あの美味しいニオイが!



次々と焼いては食べ、焼いては飲みと、宴もたけなわ~

じゃ、野菜も食べて、おしゃべりもはずんで・・・

魚を焼こうという話になり、マグロやサバなどを並べました。



さて、ここで魚を焼いたことのある人なら、誰もが火の通りを気にします。

見た目焼けていも、食べたら「あれ~これ、ちょっと・・・」ってことを経験します。

じゃ、黒焦げにしてもうまくありません。


ここで、よい炭(特に備長炭のような白炭など)は火の通りがよく・・・

ダメな炭(消し炭などの着火用)は、全然生焼けになります。

じゃ、今回の炭はどうかと言えば、そうかなり上質でおいしく焼けました。



まるで、高級料亭で出てくるような焼き魚だったので、ビックリ!

BBQでこれだけうまい焼き魚ができるなんて、炭の威力にひれ伏しました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。