So-net無料ブログ作成

コワイ話や怪談、SFや宇宙人の話は、実際の事故や事件に基づく~ [youtube]

スマホでyoutubeを見ていると・・・意外と、コワイ話を読んでるうちに~

これは実話、これは創作(フィクション)という区別がつくようになりました。

作り話って先が読めるし、すぐ終わります。

本当の話や実話に基づくストーリーって、長くて尾ひれがついたものが多いです。

なのに、面白いし飽きないのでわかります。






昔話、伝説での幽霊やコワイ話は、実話に基づく


昔、戦国時代に合戦があって、その後に落武者が流れてきて住み着いた~

けれど、やがて仲間割れが始まって、一人死に二人めが行方不明三人目がどうやら・・・

みたいな話、実を言うと全国にあります。


私の田舎も、場所によっては山の中腹に集落があって、どうみても不便な場所~

なのに、5~6軒でなんとか最低限度の生活を維持しているし、廃屋や空き家なしです。

ダムができて立ち退きがあった場所では、集団で移住している場合もあります。


その地域によっては、若い人たちが都会にでてしまい、最後の年寄が亡くなると・・・

廃村みたい場所も発生します。

こうなると、怪談や幽霊話のきっかけや妙なことが起こる、そんなムード満点です。


江戸時代は、食えないムラと豊かなムラでいろいろ争いがありました。

用水や井戸、共有林や神社・お寺の維持などで、負担の多い方が豊かな側を恨む話多いです。

結婚や葬儀でさえ、あそこんちと付き合うな!とか、あっちの集落とは口きくな!


みたいな事を何百年とやってきた訳です。

そこで生まれた数々の怪談やコワイ話、実話の部分がかなりあります。

今だと事件ですけど、江戸時代は死産児や不審死のご遺体は畑の脇に埋葬でした。


普通のお墓って、先祖代々の関係があるから入れるのであって~

そうでない関係だと畑の肥やしですが、やはり供養はしています。

その供養がない地域だと、幽霊がでたとか祟られるとか悪霊がとかいろんな話があります。


因みに私の実家ですが、なぜか毎年お盆をやっています。

新盆の時だけでなく毎年ですが、これなんかいろんな形で亡くなったご先祖さまを・・・

きちんと供養しようという形が、毎年盆だなを飾って迎え火を焚く恒例の行事になってます。

SFや宇宙人の話は、一部真実に基づくがまだ理解できないもの~


以前にXファイルズのビデオを全巻みたのですが、いかにも作り話みたいで・・・

本当にあるワケないだろうって高をくくっていました。

ところが、地球に降ってくる隕石の一部から水分が地表に落ちてくるとか。


人類の進化≠ダーウィンの進化論の実例を挙げていくと~

なるほど、人間型の宇宙人はいなくても、別の形の宇宙生命体が実在する研究が始まっているとか。

それに、肉体や生命はその星の条件と密接に関係しているけど・・・


精神や魂、霊みたいな存在は電気的なもので、宇宙空間を漂うのをなんとか理解できます。

人格って二つ三つあってもオカシクない動画を見て、なるほどこれは慣れないとコワイと思いました。

タイムマシンも現段階の科学では不可能ですが、どう見てもタイムマシンがないと矛盾する・・・


そんな歴史的事実がいくつか出てきています。

タイムトラベラーの動画、まんざら作り話でもなさそうです。

日本のかぐや姫伝説や浦島太郎伝説も、現実的なSFに置き換えるとおとぎ話ではなくります。


子供の時のおとぎ話はさておき、いい年した大人がスマホのyoutubeを見て~

なぜか納得して、動画の元ネタの事実や実話を分析するって、面白いです。









災害や大事故の話は、死者の無念さや霊を慰める系


外国で大事故があったり、災害があって何万人の方がなくなっても・・・

そこから、何かコワイ話や怪談を想像する人は少ないと思います。

が、東日本大震災の後の海岸や日航機事故の後の空をながめていると・・・



あれ?何~何か見えるけど・・・?!、白いフワフワした人影が何人もとか~

飛行機の形をした雲が突然現れたりとか、見える人には見えるらしいです。

これをしょせん迷信と片づけるの簡単ですが、何人も方が見えているのに・・・



いや、単なる見間違いだと結論づけるのは無理があります。

今の時代、心霊スポットとパワースポットとか言う言い方があります。

「何かの電磁的な存在が多い場所」と言う捉え方で、いいかなと思います。



心霊写真も見間違いだと結論づけるには、少し無理がある場合もあります。

赤外線画像にはばっちり映ってるケースや、どう見てもこれって人でしょう的な画像あります。

オカルトではなく、科学的にこれはどうも幽霊が映っています的な研究、なぜ始めないのか?


現代科学、まだまだ遅れている部分があり、死後の世界を否定したり・・・

幽霊の存在も否定していますが、地球上や宇宙空間での不思議な現象については~

説明できていません。

離婚や浮気の話って、オンナと男でドロドロ感がちがう


コワイ話ではないですが、オンナの立場では当たり前な事実・・・

男側から見ると、まるっきりわからないことがあります。

男ってケダモノですが、自分の最愛の女性が浮気していると・・・


とたんに追い出したり、別れたりを平気でします。

だけど、逆にオンナの人って彼氏や旦那が浮気していても~

突然、痴話喧嘩したり慰謝料を要求はしません。


精神的に弱いのは男性側で、また利用されるのも男性です。

この間の弁護士チン切事件も、間男である弁護士に二十代の旦那が復讐したのですが・・・

私ならむしろ、弁護士の奥さんに浮気の事実をさりげなく伝え~


または、女性弁護士をやとってアメリカ風の浮気訴訟に発展させるのが、自然です。

イスラム法的な・・・目には目を歯には歯を的な復讐劇って、なんか子供じみていて~

こいつらが学んでいる近代法って「遊び」かよって思いました。


相手の浮気を探して離婚や訴訟まで発展させる話、二十代のカップルや夫婦に多いです。

youtubeでも、お互いの親も交えてのストーリーが多かったです。

が、これって30~40代の夫婦が浮気したら・・・


むしろ、そのまま泳がせるスパイストーリー的な結果が多いでしょう。

二十代の恋愛や結婚は子供がいても、白黒つけてやり直しが効きます。

が、子供もいて世間体もある30~40代の夫婦の浮気で、やり直しのビッグダディは・・・


めんどくさいし、エネルギーもありません。

陰で笑われても、ずっと棺桶までもっていく方が大人です。

しょせん、離婚・浮気訴訟を本気でやるのは、TVやドラマの見過ぎって思われます。


嫁・姑でドロドロしている時代よりも、いっしょにベッドにいながら相手の浮気を疑う~

そんな時代に、パパがちがう女の人といた~とか、ママの目つきが変~とか、子供に言われる。

そうならないように、お互い大人にならないと・・・



兄と妹でエッチしたり、パパと娘でお風呂に入ったりも実際、今でも珍しくないです。

ただきちんしたおうちでは、そういう事実はないに等しいし、だらしないおうちでは・・・

毎日のごとくやっている、そういう訳です。


youtube、どこまでが本当か確かめようがないですが・・・

ごはんにカレーをかけるのは当たり前、でもシチューをかけるのは自分の家だけだと思う~

そんな思い込みを、全国のおうちでやっているのに似ています。

◎この記事に関連する「TV」の記事◎
TVがやばい、フジテレの視聴率、TV芸人を誰も見ない!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。