So-net無料ブログ作成
個人情報 ブログトップ

マイナンバーカード~住基カードや保険証、免許証やパスポートを超えるか? [個人情報]

とうとう「マイナンバー」がやって来ました!簡易書留で・・・

到着してから、どうしたものか?無視してスルーしようか、有難がって神棚に納めようか~

市役所に電話して、いろいろ尋ねました。

結論は、住基カードの発展したモノで義務化はされていないけど、記入欄は来年('16年)から~

税金や保険・年金関連、災害時の申請時に記入してあればいいし、なくても今のところはOK!






どうせ、住基カードと同じで普及しないか?


住基カードって、結局830万人しか作らなかったそうです。

最初はいろいろ便利になるという感じでしたが、個人情報がもれるとか~

変な噂や反対運動が起こり、番号の通知はあったけどそのまましまい忘れた人多数・・・



利用が自治体や役所限定で、かなり限られた用途でした。

私も何かに記入した覚えがなく、あれって何か免許証持たないお年寄り向けの身分証明証?

みたいな理解で終わった感じでした。



あれで住民票が取れないって聞いて、じゃ何に使うの?意味ないじゃん・・・

かくして、その住基番号の通知はどこかに行っちゃいましたとさ。


当分は、免許証やパスポートで十分なのか?


よく身分証明書を見せてくださいって言われて、大人なら免許証です。

無い人は保険証でしょうし、子供なら学生証でしょう。

住基カードがそれに代わるかなって思いましたが、結局マイナーな存在でした。


パスポートって、海外旅行に行く10~40代くらいは、普通持っています。

が、これほどテロや事件が多いと、旅行は国内の方が安全です。

仕事で行く必要がある方以外、パスポートを身分証明書代わりってどうでしょうか?


昔は、海外に行く人ってそれなりに優秀な部類でした。

今は誰でも行くし、短期語学ステイや留学、観光や遊び、仕事や公用などで・・・

3000万の人がパスポートを持っていますが、免許証の次に所有者が多い身分証明書です。


マイナンバーカードが、これに代わるなら、何かメリットがないとダメでしょう。








ETCカードは、普及するために涙ぐましい努力


ETCカードって、高速道路通行に特化したクレジットカードです。

最初は、これでもかと言うくらいに割引をしていました。

今は、東京や大阪近郊だと深夜割くらいしかありません。



田舎に行くと、今でも休日割や朝夕割がある訳ですが、利用者は少ないでしょう。

圏央道を連続して通過すると割引がありますが・・・普通の人は、あまり使いません。

アクアラインはいまだに割引していますが、通勤や輸送で使わない限りメリットなしです。


使わない人は今まで通りに、一般(非ETC)レーンで受け取りとお支払・・・

使う人は、指し忘れがない限り、渋滞なしでスイスイのはずですが・・・

時々、私もさし忘れをやらかして、通行券を受け取ってETCカードとそれでお支払をします。


一番迷惑なのが、一・二台前の車がさし忘れてそのレーンが閉鎖、性もないので・・・

頃合いを見て、となりのレーンに移動する時のあのめんどくささ、どこでもいます困った人が~

あれって、さし忘れても普通に通過できますので、閉鎖しても無意味なのによくやってます。


以前は、みんなどの車もさし忘れた時急停車しましたが、それによる追突事故が増えたために・・・

近頃は、そのさし忘れた車のみエラーが出るかんじで、ETCバーをなくす方向です。

さて、そのETCカードですが、高速道路利用者の88%が使っています。



高速道路を週に一回以上利用する人は、およそ900万人で免許を持っている人の10%です。

こう見ると~カードって言っても、使っている人は1割程度で普及率は低いです


ドナーカードも、タバコカード(タスポ)も、普及せず・・・


ドナーカードも、臓器移植してもいいよ!とかいやだよ!って、自己意志の表明カードです。

実際に、自分が意識不明で死にかけている時に、家族がいいですよ~とかダメ!って言えないです。

臓器移植推進派は、使えるモノは他人の臓器でもなんでも使いたいのでしょう。


私は、どちらかと言えば再生医療推進派ですので、臓器移植には否定的または懐疑的です。

臓器提供を待っている人たちの、可能性や希望を否定したくはありませんが・・・

輸血に、以前は売血制度という暗い歴史があったように、臓器移植もカネ次第の地域があります。


日本では無償提供ですが、発展途上国では有償提供ですので、ブラックビジネスが横行しています。

そんなドナーカードを持っていますし、登録していますが・・・

基本的には持ちたくない人の方が多く、免許証の裏に印刷してあっても何かイヤな気分です。


タスポも、900万人の人しか持っていません。

近頃、肩身が狭い喫煙者ですが、タバコの自動販売機がどんどん減っていくので~

持っていても、あまり意味のない状況です。


タバコを、私も学生時代から社会人5年目くらいは、吸っていました。

きれいな部屋に引っ越して、せまい車の中で長時間いるような生活になってから・・・

吸うのをやめてしまい、今思えば自然と健康を意識していたのか?


嫌いではないですが、四六時中吸うほどヘビーでもなかったからでしょう。



マイナンバーの送付、年末調整の書類や喪中はがきの時期とかぶり、混乱~ [個人情報]

「マイナンバー」の送付が全国的に始まり、混乱の真っただ中です。

個人のおうちに送られますが、提出先の企業が集めて保管し、やがて税金や保険の処理で利用です。

一見簡単に見えますが、そう年金問題と同じで不正な個人情報の漏えいや閲覧が始まっています。

そしてこのマイナンバー、住基カード番号や免許証番号より使い勝手があるので・・・

パスポート並みに悪用されるのではとか、下請け処理に外国人(中国系など)を排除とか~






時期が年末、あの年末調整とかぶる


わざとかもしれませんが、年末調整の時期と一緒です。

これは、受け取って集めるのに一番有効なのは、すぐ使える状況にする・・・

来年度から本格的運用、じゃ今年は試験的に何に使えるかをいろいろ試行錯誤するかも。


国勢調査もネットで提出可能で、早速やりました~

とすれば、税の申告・・・例えば、年末調整や確定申告も、ネットでやるのが基本みたいな方向~

で行くとすれば、アカウントやID、パスワード問題が生じます。


そのアカウントやID、パスワードを、マイナンバーで一部利用できるなら、いいかも。

さて、各会社の経理担当者や財務の管理職の皆さんが、全員ネットや情報処理に強くないです。

個人情報の管理もあり、ただプライバシーポリシーの紙やファイルに署名やIDで終わりません。


全国の会社で、情報漏えいや個人情報の管理で大騒ぎです。

万が一、うちの会社の社員名簿が他社に漏れたらって、普通に考えます。


なぜ住基カードは、普及しなかった?


今と似たような騒ぎで、住基カードの問題がありました。

これって、結局あまり普及せずに終わりました。

みんなの手元に、住基カード番号の紙はあっても、それを見て記入した経験はないはずです。


カードを作っても、使う機会がほとんどないそうで・・・

結局、使わずじまいでした。

今回のマイナンバー制度、果たして免許証番号や保険証の番号並みに使われるでしょうか?


わざわざ、納税関連や社会保障関連で使え~みたいな流れですが、実際普及するまでに・・・

紆余曲折が予想されます。










亡くなった人の分もあり、これで死亡確定


親が亡くなっているのに、黙っていて年金をもらっている、そのような不正行為も防げます。

今までは、証拠をそろえるのに苦労や負担が絶えず、結局職員も見てみぬふり~

これからはすぐバレてしまうそうで、本人確認が早くなります。


不正受給の場合、本人特定の手段が免許証か保険証しかなく、持っていないとか・・・

それを使わずに生活している人たちの場合、申請を確認する時にかなりきわどい感じです。

役所って、推定や推測で仕事をせざるをえない場合も多く、ここをつっこまれるとアウトです。


マイナンバーが、役所にとっては一つのプライバシーを暴く、法律に則った手段になります。

それゆえに、ずるがしこい人たちは無くしたとか、忘れたとかいろいろ言い訳を考えそうです。

さらに、役人もめんどくさい調査や単調労働を嫌います。


まじめに仕事をしている、税務署の職員や郵便屋さんは一握りです。

たいてい、どこかで手抜きをしないとやっていけません。

杭のデータ改ざんと同じように、ばれなければどんどん手抜きをします。


マイナンバーが、電子政府に一歩近づくか?


金融機関では、個人情報の管理が進んでいますし、出入国管理や犯罪者履歴のデータも・・・

でも、一般のデータに関しては遅々として進まない状況です。

お金や犯罪に関する、個人情報の一元化はかなり早い時期から、始まりました。



例えば、個人の借金は年収の1/3までとか、その人の交通違反履歴は何点とか~

すぐ調べれますし、問題なければそのままです。

でも、例えばその人がデモに参加して逮捕とか、その人が破産して公民権停止の履歴は?



このデータを誰でも閲覧できる状態にしたら、みんなが最高裁まで争って~

削除しようという動きが加速します。

アメリカの法制度の歴史は、闘争と幸福を手に入れるための歴史です。



日本も近頃、表面的ですが・・・その動きを理解して、公権力と私権の綱引きや~

同じ個人でも、人権の綱引きが始まっています。

よく、飲酒検問で非番のお巡りさんが捕まり、その翌日依願退職になります。


これなんか、な~んだ一番ズルイのはお巡りさんか、アハハです。

ふだん、取締りで腰が低いのは、満額の退職金をもらうため~だそうです。

バイクが事故ったり、違反するとライダーの責任を問います。



ところが、白バイが事故るとなぜか相手が悪いことになります。

この「警察は正しい」式の論理、近頃は無理や矛盾が生じて来て、かなりヤバイ状態です。

マイナンバーが普及するために、いろんな出来事が起こりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
個人情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。