So-net無料ブログ作成

中国製は安いが品質にバラつき、日本製は高いが高品質、選ぶならどっち? [品質]

人件費は、まだ中国の方が少し安いですが、そんなに差はないという分析~

私がこの手の比較記事に対して、いつも思う事ですが、あれだけ政府が国民

を監視して報道の自由がない国と、国民が政府や役所に言いたい放題の国では

おのずと生産性にも差が出てきます。

勿論、中国の国際競争力は否定できませんから、日本製品のコストと品質の

バランスも偏っているという指摘は理解できます。








中国の国際競争力はある!


中国が「世界の工場」となり、国内・国際問わずメイドインチャイナ

製品が溢れてきました~安かろう、悪かろうのフレーズも昔は日本製、

今は中国製の代名詞になりました。


でも、普通は人件費があがるにつれて、値段も上がっていきます。

中国製品の値段が低いままなのは、品質も低いままでかつ投資して

回収する速度が速いために、余計なコストの上乗せ分がないためです。


日本の生産、流通システムは、原価が100円のモノが途中でいろいろ

なコストがかかり結果的に5~10倍の値段がつけられている商品が多い

です。


ところが、中国製品は工場出荷時に余計なコストがないため、日本の

半額以下で輸出されています。日本では見向きもされないようなB級品

やセコンドハンドの商品が、世界中にあふれて儲かっています。




コストを下げて、投資を拡大


コストを下げる方を優先すると、どうしても安かろう悪かろうに

行きつきます。でも、シェアの拡大という意味では、正しい方向

で、デパートがスーパーに破れ、そのスーパーもコンビニに敗れ


そのコンビニもネット通販に徐々に食われている時代です。

ヨーロッパ製の高級品がアメリカ製の大衆好みの商品に敗れ、

その車やTVなどが日本製品に押され、その一部が今、中国や


韓国製に代わっているのは、コスト重視が国際競争力の基本

であることです。さらに、そういう企業グループに対して、

国際的な投資グループが積極的に資金を運用します。



ウィンウィンの関係になるように、お金は世界を回っていきます

から、日本の金融業界が世界的に見ると、かなり遅れているように

見えます。






日本製品の品質・コストともに高い


日本製の物は、壊れないし長持ちするのはいいのですけど、高いイメージ

があります。結果的に、アメリカやヨーロッパでは売れるけど、貧しい

発展途上国では買うのは富裕層だけです。


じゃあ、他の人たちはどうやって手に入れるかと言えば、中古品を日本の

内外から盗んで使う訳です。国際窃盗団が、日本で荒稼ぎして捕まっても、

死刑にはならないし出所して出てくるときには、母国で豊かなくらしが


待っているので、いろんな国から日本やアメリカ、ヨーロッパに盗みに

きます。これが、中国製品だと中古品などゴミですから、誰も盗みません。



どうでもイイ物も長持ち


国際競争力をつけるために、品質を少し落とす方が結果的に儲かり、

投資の拡大につながることを中国企業は積極的にやっています。

でも、生活日用品やTVなどまではいいですが、車や航空機、新幹線


などの安全重視の業界や、道路やトンネル、橋、ダムなどのインフラ

業界では、品質や耐用年数重視ですので、これなどは日本の技術や

品質が生きてくる分野です。


国際競争力=コストか?シェア=品質か?このテーマは、21世紀の

企業がどう儲けるかの基本スタンスになる重要な問題で、経済雑誌が

常に取り上げている問題です。

◎この記事に関連する「値段」の記事◎
タカタもやっていた~旭化成建材だけではない、原発業界も・・・データ偽装!
タグ:品質 投資
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

タカタもやっていた~旭化成建材だけではない、原発業界も・・・データ偽装! [品質]

タカタのエアバッグが危ない・・・アメリカだけでなく、全世界のタカタ製エアバッグが!

ホンダがタカタ製を今後一切使わないと宣言してから~車業界の衝撃が走ってます。

くい打ちデータ偽装問題の旭化成建材、この業界ではごく普通のデータ改ざんだそうです。

バレなきゃいいや、アレ今回はやばいみたいな対応です。

そして、放射線量や汚染水のデータ改ざんというより隠ぺい、もういい加減レベルになっている!






なぜ、ホンダはタカタと決別したのか!


誰だって、自分の会社や取引先が大変な状況なら、まず助けようとします。

これは、ごく普通の対応で、できる限り変な噂が立たないように、お客に正確に説明します。

また、やれ罰金だとか損害賠償だとかカネがかかるなら、有力取引先として~


政府内の監督官庁や銀行を説得できるなら、おそらくする用意があったはずです。

ところが、ホンダが独自に調査して、なんとタカタが内部で証拠やデータを改竄していることが判明。

つまり、自社に有利な方向に導こうという流れを否定できない、そんな証拠が上がってきました。


これじゃヤバい、タカタといっしょにホンダもつぶれるという判断がされました。

で、業界二位の会社を見限るという恐ろしい選択がなされました。

ドイツ車が環境問題でゆれている中、世界中で採用されているタカタブランドの抹殺が決定。



嘘やねつ造って、一回やるとクセになり、もう歯止めが効かなくなります。

旭化成建材の担当者、めんどくさいの言い訳


杭打つのって大変ですし、その後のデータ処理は適当でいいやって言う担当者のボヤキ・・・

見えない地下の地盤の様子、地震の多い日本ならではの状況。

マンションが傾いて初めて、表面化しました。


今だと、パソコンでだいたいのデータからおよその地盤の様子がわかります。

だけど、ここだけ少し深いなとか、ここは逆に浅いというのは杭を打ってでしかわからない~

潜水艦で水中にソナー打つのとはちがって、泥や砂との戦いです。


地層相手のドンくさい仕事、誰も評価してくれません。

勢い、じゃ適当にやるか~いいよ、誰もチェックできないし・・・

ある日、やべ~ヒビが入った、これじゃ、ああ傾いた・・・すいません、やらかしました。



いい年した大人が何人も、報道陣の前で土下座してお詫びしても・・・

また、マンションのくい打ちからやり直すって、修羅場です~









原発関係者のあきれた言い訳


太陽光発電がいいとは思いませんが、原発の情けない隠ぺいや偽装体質に比べればマシです。

福島第一発電所のメルトダウン以前でも、小規模な事故は起きています。

問題は、全て隠ぺいして証拠改竄の方向で済ませている点です。


そして、それを上は国会議員や大臣クラスでも、問題にしていないし~

下は、現場の毎日放射線に晒されていて、白血病や甲状腺ガンのおそれがある作業員の大半でも~

まぁいいっか・・・少しくらいで騒ぐことはないよ、という判断です。


この辺の矛盾が日に日に強くなっていて、以前は安全ですと叫んでいた有名人も~

騙されていたとか、お金をもらっていたからとか、いろんな言い訳しています。

今そこにあるデータ偽装、今度はどこが?


戦前の大本営発表、嘘で塗り固められていました。(中国政府の南京大虐殺のデータ並み)

建築業界は、耐震関連の偽装データでつっこみ所満載です。(姉歯、免震ゴムなど)

車業界も、安全や環境関連で偽装データが出てきました。(タカタ、ドイツ車の環境問題)


データ偽装が行われる業界は、かなり専門性が髙い分野です。

つまり、その専門家の一部がオカシな判断や作業をしても、普通の人はわからないし~

その取引き先さえ、気がつかないケースがざらです。



監督官庁の立ち入り検査でさえ、事前に癒着して教えてもらえばなんとかなります。

そして、いよいよデータ偽装ゆえの不具合が発覚した時、何万いや何百万という間違いが出てきます。

土下座や懲戒免職では済まないほどの、恐ろしい結果が待っています。



ダメな人ほど、土下座したり自殺すれば済むと思いがちです。

こういう人たちは、下手すれば社会全体や世界中がオカシくなる訳ない、と高をくくっています。

私は、今回のタカタの件でうっかり中古車買えないし、買った時点でエアバッグ交換履歴・・・


必ず自分で確認しようかな、と決心しました。(自動車の部品なんて、当てにならない例です)

マンションも、必ず傾くと思って買うつもりです。(茨城県の潮来地方で、二階建てでもくい打ち~)

◎この記事に関連する「ブラック企業」の記事◎

サイゼリヤでパワハラ?セクハラ?被害で自殺、ブラック企業を遺族が提訴~




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。