So-net無料ブログ作成
ドラマ ブログトップ

黒柳徹子に激似の二人、清野菜名と満島ひかり、この役どころはイイ! [ドラマ]

いや、びっくりしました~なにせ、「あら、私だ!」と黒柳さん自身

がのたまうくらい、画像ではそっくりです。おそらく、骨格データが

同じなのでは?また、満島さんが申し込んで実現した、黒柳さんの役

も目鼻立ちやちょっとクセのある役作りが、くりそつ!

二人も「影武者」がいる黒柳さん、苦労人の人生はボリューム満点です。







清野菜名は買い、小6でデビュー


どんな分野でも、才能を発揮し始めるのは子供のころです。

ただし、そのレベルや実力を他の人間に対して、上手にコントロール

して出せるようになるのは、かなり大人になってからです。



どんなアイドルも、どんなモデルも、何億も稼いでいても、それが

セルフコントロールしていて稼いでいるのではなく、稼がされている

のをわかっていません。


彼女もまだそういう感じで、黒柳さんにそっくりなのですが、それだけ

です。でも、期待度はものすごく高いようで、今後が楽しみの新人です。

満島ひかりも中学生でデビュー


この方、今30過ぎての女優人生、そろそろ本格的な活躍を始め

そうな一歩手前のキラキラ感があります。やはり、中学生デビューで

数々の経験を積んでの舞台、黒柳さんの役もご自分で頼み込んだという



話、その積極性は大女優への道を開くものです。沖縄アクターズスクール

でのオーディション、Folder5時代、そして上京して八雲学園在学中に、

バラエティ番組でアシスタントを経験、やがて女優へと羽ばたいて行き


ました~アメリカ人の血が入っているクォーター、現に活躍中の実力派

女優としてチェックです。






黒柳徹子自身の半生は、ドラマチック


タマネギおばさんのキャラを確立する前の、黒柳さんの人生は、

波瀾万丈の毎日でした~TV業界草創期からの活躍、タレントより司会業の

方が有名で、あの落ち着いた雰囲気でのトークは、他の司会者を寄せつけ


ない重みがあります。学生時代から、トークは群をぬいていてひときわ目立つ

存在だったようです。家庭は、音楽には最高の環境だったのに、ご本人は今風

でいう「ガイジ」だったらしく、小1で転校をよぎなくされたとの事。途中、


戦争のため疎開した後に、香蘭女学校→東京音大に進みました~卒業して

NHKに入社、でもこんな仕事をするなと親に言われたと洩らしています。

その後、人生初の紅白歌合戦('58年)の司会を経験、その後ブランクは


ありましたが史上最多の紅組司会を記録、あのポジションってそんなに

誰でもやれるのではないのですね~そして、いよいよ「徹子の部屋」が

スタート!この番組の最多出演者があの「笑っていいとも」のタモリ氏


なので、長寿番組どうしの何かがありますね~


有名人の半生をカバーするドラマは面白い!


あるドラマで主演の女優がいて、その方が活躍してきた半生を振り返る~

という瞬間に、その子供の頃、大人になって、有名になって、引退前後と

走馬灯のごとく次々と変わって行くシーンは見ごたえがあります。


近頃のTVで流行っている手法に、都会と田舎の日常のシーンをパッパッと

変えて、そこに人間の持つ懐かしい感情を引き出す効果をねらっている

ドラマがあります。



「あまちゃん」の能年玲奈が演じた舞台は岩手と東京でしたし、「マッサン」

は北海道の余市と大阪を行ったり来たりしていました。ストーリーに時空を

超える手法を取り入れたのは、日本のドラマや映画が多いらしくSF調で国際


的にも人気があります。

◎この記事に関連する「ドラマ」の記事◎
あさが来た、視聴率は上昇中、なぜ人気が高いのか?明治から大正がヒット!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

あさが来た、視聴率は上昇中、なぜ人気が高いのか?明治から大正がヒット! [ドラマ]

「あさが来た」も「マッサン」も、明治から大正にかけてのドラマです。

日本人は江戸時代に郷愁を覚える・・・のが近頃は、明治か大正をテーマにするとヒットします。

これは、欧米列強に伍して、アジアで初めて植民地戦争を挑む日本を~

現代の日本人が参考にしたいからです。

また中国や韓国、中東でも「おしん」や「はね駒」が、流行る理由はアジア人に何か訴えるからです。






なぜ、共感を覚えるドラマか?


女性の視点や立場から、激動の時代や地域を映す構成で、へぇ~とかふむふむとわかりやすいので。

別に、江戸時代中心の時代劇でもいいのですが、ここに外国的な要素・・・

つまり、グローバルな視点も入れると、他の国でも話題になります。


「おしん」や「はね駒」が中東でも絶大な人気を誇り、日本での視聴率をはるかに超えている・・・

と言うのを、ついこの間知りました。

日本だと、ちょっと貧しい時代に我慢強く生きる、主人公のけなげさや明るさがいいのですが・・・



外国では、ジャパニーズサムライとはちがった、エイジアンスピリッツとして見られているようです。

自分たちの国の女性と比べても、日本の女性のいい部分や悪い部分に何か郷愁を覚える見方もあり~

アジアでヒットする、それもイスラム圏で・・・日本の人気や魅力の、気がつかない部分です。

別に江戸や昭和でもいいと思うが~


日本人は、戦前のファシズムから戦後のリベラルな変化や~

昭和前半の貧しさから、昭和後半の高度成長期の豊かさを、よく比較します。

それで、戦前や戦中をテーマにした「澪つくし」のようなドラマが流行るのはわかります。


また、日本人のスピリッツとして、江戸時代の鎖国をしていたが、文化的な蓄積のあった・・・

元禄時代や文化文政年間のころをテーマにした時代劇、よくヒットしました。

フィクションでも、だいたいあの時代にこんな感じの考証は大事です。


「忠臣蔵」や「暴れん坊将軍」、「水戸黄門」や「鬼平犯科帳」などがいつ頃の時代か?

当時の実在の人物にスポットをあてて、こんなことがあったであろうというドラマです。








女性の生き方に、疑問や変化を期待するか?


男は外でカネを稼いできて、女は内で家を守る~なんて、古い考え方であると決めつけられますか?

今の時代も、苦労している人たちは、この昔からの生活パターンでさえ乗り越えていません。

ニートやシングルマザーの人たちにとって、女性の社会進出の流れとは無縁です。


男が主夫になって、家事や子育てをやる世帯も増えています。

また、女が会社を経営したり、現場監督をやるケースも増えています。

しかし、本当に社会全体がうまく行っているのかと言えば、実際は逆です。


一部の男女平等論者や、ウーマンリブ運動の活動家が満足しているだけで・・・

みんなが、くたびれている感じです。

男女雇用機会均等法や、男女共同参画社会基本法が施行されているから・・・


古きよき時代のドラマが、なぜか流行る結果になります。


オンナは、男よりしたたかなのか?


柔軟性や持続性という点で、男より上です。

だから、一生を通じてオンナの方が長生きですし、発言力があります。

男は地位や名声を得ても、晩年は「幸せ」とは言い難い場合が多いです。



オンナは、名より実をとる生き方の人が多く、結局生活力があります。

女子力=生活力かな?です。

広岡浅子の一生を描いた「あさが来た」、時代や男に挑戦するシーンがある反面~


よく見ると、なるほどこれがオンナの判断か~と感心する時があります。

竹がしなるような弾力性と、水のような秘めた存在感があります。

◎この記事に関連する「芸能」の記事◎
有吉の相方、芸能界復帰のニュースに「っふざけんな!舐めるな!」の声多数~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。