So-net無料ブログ作成

トルコのロシア機撃墜、脱出乗り組み員の射殺、混迷する中東情勢 [中東]

トルコとロシアの緊張感が高まる国境紛争、どちらもシリア情勢に近隣諸国として・・・

地元の反政府勢力を味方につけての結果で、なんともややこしいです。

どちらも、Isisをテロ組織として掃討しようとしているのは事実です。

が、その過程で他の地元の反政府組織を味方につけようとするから・・・

結果として、「敵の敵は味方」のややこしい構図が出てきます。






トルコとロシアは、中国と日本以上に犬猿の仲


今現在のトルコは、中東で少しヨーロッパよりの国ですが・・・

かつては、オスマントルコ帝国として、ロシアや東欧を支配下においていました。

それゆえに、ロシアが何かするたびにその裏側で、いろんな国際的な動きがあります。


第一次大戦までは、トルコは東欧ににらみをきかせ、落ちぶれていく帝国でした。

ロシアは逆に、ジワジワと支配地域を広げていく感じで、シベリアを植民地にして・・・

中東や東欧を支配しようと、やっきになっていました。


革命によりソビエト連邦が成立して、同時に旧トルコ支配の地域がすべて赤色革命が起こりました。

今、冷戦の終結により、誰が中東や東欧の支配者か、ウクライナやIsis対策で・・・

ロシアが国際世論を味方につけようと、情報操作や経済制裁で必死になっています。


プーチンも、欧米並みのしぶとい指導者になっている、そんな見方があります。


テロは反対だが、自分の国に役に立つ組織は優遇


どの国でも、テロには反対しています。

が、自分の国に協力してくれる組織には、目に見えない形で援助しています。

例えば、北朝鮮は中国やロシアが表向き、支援を表明しています。


でも、実際、金正恩体制を支えているのは、なんと日本であり韓国であるという現実です。

すぐに北朝鮮が崩壊すると、韓国もかなりの難民をかかえて経済が崩壊する方向です。

日本も、生かさず殺さずで支えています。(拉致被害とは別の問題があります。)


まして、中東の「敵の敵は味方」的な、地域では・・・

弾や、ミサイルを打っている相手から、援助してもらっているというありえないことが起こります。

トルコにとって、ロシアは対テロ戦争では味方です。


けれど、お互いが援助している相手は敵同士で、特にトルコは陰でIsisを助けて、クルド人を排除しています。

ロシアは、クルド人を援助して、トルコやIsisににらみをきかせています。

かつて、アフガニスタンでロシアとアメリカがやったのと同じで、自国に有利な方を援助しています。


大規模なテロが起きても、その協力者がどっちよりかで、結果がちがってきます。








Isis解体後の中東情勢


Isisがやがて、勢力をなくして解体していくとします。

そうすると、一番利益を得るのはロシアやクルド勢力であり、石油の利権も手に入ります。

逆に、クルディスタン阻止のために、Isisが常に一定の勢力を保っていた方が・・・


軍産複合体を持つ、アメリカやロシアをお客が減らないので助かります。

この辺の国際情勢の流れ、紛争解決の道よりも、自国の軍需産業維持の方が上という発想~

平和運動家も環境保護活動家も、一皮めくればここへたどりつきます。


日本の「武器輸出三原則」の縛りを緩和して、紛争防止のために防衛装備移転三原則に改正~

の方向に変わってきています。

税金で高い装備を購入するのではなく、ある程度量産した安い装備を他国の装備と比較して・・・


手に入れるのも大事で、護憲運動も納税者の前ではかすみます。

フランスとトルコの比較


フランスは外国人に寛容でありながら、同時に冷たい国です。

トルコも外国人に寛容で、同時にヨーロッパよりの国です。

どちらも、イスラム系に人々にとって活動しやすい国であり、かつテロや事件が多いです。



これが他のヨーロッパ諸国だと、難民を拒否したり差別が当たり前で・・・

ドイツや東欧諸国には、昔からジプシーとして差別されていた、イスラム系の人たちがいます。

ユダヤ問題はイスラエルの建国と中東戦争、国際的な勢力として発展しました。


じゃ、クルディスタン問題や今回のシリア難民やIsis問題はどうなるのでしょうか?

彼らが活動の拠点として、フランスやトルコでくらしているイスラム系の人たちに紛れ込む・・・

そして、ある日政治的な主張を掲げて事件やテロを起こす!


国内に外国人勢力がいて、自治を獲得している場合に~結果として、恩を仇(あだ)で返す。

「軒先を貸して、母屋を取られる」事態になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。