So-net無料ブログ作成
薬物中毒 ブログトップ

番長「清原」の薬物中毒、芸能界、プロスポーツ、次はどこ・・・ [薬物中毒]

チャゲ&飛鳥の飛鳥容疑者の次は、なんとあの超有名元プロ野球選手の清原氏・・・

どうして、こうも有名人が薬物でワイドショーネタの提供側にまわってしまうのか?

特に、プロ野球選手は子供たちの夢なのに・・・もったいないです。

普通の人と比べて、所得が10~50倍くらいあるのに、それを薬物売買につかうなんて~

せめて飲酒運転で捕まりましたくらいなら、たいていの人はふ~んで済みます。

が、これから一生の間、監視と治療が続く薬物に手をだしてしまうなんて、愚かです。






なぜ手を出してしまうのか?


ここで、普通の人間がアル中になるためには、考えると・・・

精神的なストレスとわずかな酒代があれば、5~10年もあれば人によってはなります。

でも、ストレスに強かったり、酒浸りにならない人もいます。


じゃ、薬物中毒は・・・もっと強いストレスや不安と、ある程度のまとまったカネです。

TVで売れている芸能人も、プロスポーツで年棒~億の選手も、ストレスはかなりのモノです。

いずれ、落ち目になるのかな?とか、他の芸人や選手に取って代わられるのでは・・・


そう考えると、寝汗ぐっしょりや悪い夢を見る毎日~

これって、正常な状態なんですけど、人によっては楽な方向に行きたいです。

そして、これ気持ちよくなる薬だよって、悪い友達に勧められます。


いくら?へぇ、ちょっと試してみよう・・・ああ、気持ちいい、でも~

お酒とちがって、どこでも誰でも手に入りません。

入手経路の元は、外国人グループまでたどりつく


その入手経路ですが、普通は医師や薬剤師しか正規のルートを持っていません。

手術で使ってとか、こういう薬物もあると言う知識や情報で、手に入ります。

じゃ、普通の人間が薬物を手に入れるとすれば、密輸入になります。


でも、通販で手に入るワケないですし、薬事法の壁は厚いです。

警察や厚生労働省は水際作戦として、外国から日本に持ち込むグループを監視しています。

持ち込み方や持ち込む先を特定していくと・・・


例えば、各国の外交使節の下級職員がアルバイトで持ち込むとか・・・

おもちゃやお酒を大量に輸入して、その一部に薬物を封入するとか・・・

本当に劇物や火薬類として許可を取り、中身を入れ替えるとか・・・


当然、その一部を強制で抜き取り検査をして、バレる場合もあれば~

すり抜ける場合もあり、いざ見つかるとかなり量が出てきます。

それを報道するケースもあれば、伏せてもっと大きな獲物をねらって一網打尽にする場合も!



日本国内では、仲間割れで死人がでる場合もありますが・・・

海外では、薬物がらみの場合、政府当局と麻薬グループの死闘の結果、多数の死者がでる場合も・・・

中国や東南アジアでは麻薬がらみは死刑ですし、それでも犯罪グループの資金源になります。


今回の清原容疑者のルート、何段階までさかのぼれるか?誰とつながっているか?








厚生労働省Gメンの調査と、警察による逮捕


薬物中毒って警察も捜査しますが、基本的には厚生労働省の管轄です。

問題は、薬物の定義が法律で決まっているのみで、例の脱法ハーブ騒動のように・・・

法律になく問題が起きている場合、警察も厚生労働省も具体的に動けません。


別件で逮捕して、その間に具体的な規制を作りつつ、最終的には国会で審議・立法です。

近頃は、犯罪のスピードに規制や取締が追いていない状況が多く、ネット時代を語るいい例です。

患者が問題を起こす場合、かならずその薬物を手に入れるルートがあります。


元は純度100%のものを、わずか1~2%まで落としてかつ高額で密売する・・・

これを普通の製薬関係者が関わるわけなく、ダーティビジネスのオニイさんたちが~

シノギのために、せっせと秘密工場で調合して、極秘のリストで卸していく・・・


映画とちがい、バレタらみんな刑務所のお勤めが待っているので、口が堅いのは当然。

でも、芸能人やスポーツ選手の場合、捕まったらベラベラしゃべります。

芋ヅル式に関係者がつかまる恐怖


日本では、関係者を口封じに暗殺ということは、あまりないです。

けれど、他の国では普通にそれが起こります。

特に、ラテンアメリカや東南アジアでは、日常茶飯事でニュースにもなりません。


先進国では、捕まっても死刑にはならないし、患者は治療が最優先です。

麻薬ビジネスが盛んな国では、持っているだけで死刑!バラシたら始末!患者は生ける屍(しかばね)~

清原元選手やアスカ容疑者は、なんて幸せな国に生まれたのでしょうか・・・


麻薬取締法で捕まった芸能人・スポーツ選手の動画を見て、これだけいるの~

びっくりもし、やはり彼らは「普通」の生活はしていないなぁ~とため息。

◎この記事に関連する「薬物」の記事◎

急性アルコール中毒~日本人の4割は酒に弱いが、白人や黒人に下戸はいない!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
薬物中毒 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。