So-net無料ブログ作成

都議選、自民党の惨敗と都民ファーストの躍進、でもしょせん自民党小池派です~ [選挙]

今回('17)の都議選は、まさに劇場型選挙の典型で自民党が

好きか嫌いかが争点でした。小池知事の都民ファーストの会が

いいと言うより、自民党のネガティブなイメージが原因での結果

でした。誰もが、しょせんは元自民党の小池さんだからファースト

の会でもよかろう...安倍さんや内田さんの自民党は、ダメかも!

という感情的な選択肢で、選んだようです。







小池知事のクリーンなイメージ


前都知事の舛添さんやその前の猪瀬さんが、金まみれで辞任して

いるので、どうしてもクリーンな実力派を都民は求めていました。

また、石原都政の頃の築地の豊洲移転問題で、自民党の議員は


賛成し、汚染はあるが豊洲に移転に決まりかけていました。

その後、第一党になった旧民主党が反対しぐずぐずしてい

ましたが、'16年に正式に豊洲に決定しました。



ところが、小池さんが都知事に就任した時点で、豊洲移転と

築地解体は一時的に延期、もう一度汚染に対しての再評価を

実施しました。


でも、業者の本音ではどっちでもいいから早くしてくれ!との

事で、役人や政治家の都合でなかなか決まらないと、困るそうです。

自民党のダーティな影


自民党って、地方政治家出身と役人出身の代議士が多く、それだけ

各省庁の利権やしくみや力関係に詳しく、結果的に癒着や汚職が

どうしても発生します。


小泉内閣の時に郵政民営化をやりましたが、あれって一見クリーンな

改革のように見えますが、何ことはない自民党の都会派が田舎派の代議士

を非主流派にするために、後援会組織をズタズタにした混乱に過ぎません。


今でも、元自民党なのに無所属でがんばっているセンセイをみるにつけ、

小泉のバカヤロウが調子に乗りやがって~という怨嗟の声を聞くときが

あります。


民進党の菅元総理もいい加減に立ち回って顰蹙を買いましたが、小泉

センセイもクリーンなイメージの陰のダーティな側面について、時折

週刊誌でひっそり記事が出ていることがあります。









都民ファーストの会は新人だらけ


問題は、小池都知事は政治家としてベテランかつ慎重な物腰ですが

当選した新人議員はピンキリで、中には稲田防衛大臣なみの軽率な

発言をするタイプも多数混じっています。


この都民ファーストの会を率いて、豊洲移転やオリンピック開催を

これから実施するのは、大丈夫なのか?という声、自民党関係者から

出ていますが、マスコミもこれからファーストの会の揚げ足取りに


終始するのは確かです。

稲田防衛大臣は続投か?


この女性大臣はどこか抜けていますが、なぜか単独で罷免も更迭も

されず内閣改造での交代で大臣を降りる予定です。でも、よくこんな

方を大臣として防衛省・自衛隊も仰いだと感心しています。


トランプ大統領を最高指揮官に頂く、アメリカ国防総省の気持ちが

少しはわかるような気がします。何を言うかわかったものではない

人が、突然きてみんなの前で訓示を垂れる時、周囲のスタッフは一言


一句が明日の新聞、今日のニュース、すぐツイッターで拡散されないか

ドキドキ冷や冷やなのを、本人は少しもわかっていないのが可哀そうで

なりません。

◎この記事に関連する「選挙」の記事◎
政治家に必要なのは?判断、演説、カネ・・・今村復興大臣の更迭騒ぎ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。