So-net無料ブログ作成
身障者 ブログトップ

障害者施設襲撃犯に欠けていた心の闇、正常な人間ほど弱者に対して冷たい心理 [身障者]

植松聖被告の手記を読むと、いくつか健常者としての優越感と、だからこうだ式

の言い訳が読み取れます。でも、弱者を保護しようと叫ぶ人たちも、心の中では

植松被告と同じ発想をして、実際に身障者を邪魔者扱いしている人たちが多い

です。よく他人の痛みを理解してよりそう事が大切といいますが、そういう人に

限って自分のペースが乱されると、烈火のごとく怒ったり乱暴な対応をします。







健常者と身障者はいっしょがよい


健康な人間は、身障の方のどういう状態が大変かを知る機会

が身近にあった方がいいです。私の近所には、足が悪くずっと

家の中で暮らしていた方がいらして、本当に何をするにも


這って家事労働をしておられたので、いろいろ子供の頃から

大変だな~と肝に銘じていました。その方がついこの間亡く

なって、葬儀の時に自分でもその方の人生を自然と考えて


いたことに気がつきました。つまり、弱者の方の事を自然に

考える環境の中で育っていたことを、改めて実感したのでした。

若い時はみんな健常者、年をとればみんな弱者


子供の頃は、遊びと勉強、スポーツとゲームだけの毎日で、

でもおうちの手伝いとか親の仕事の手伝いとかしていれば、

少しは大人の大変さや仕事の複雑さが理解できます。


ふだんは威張っている親が、特定の相手にはへいこらするのを見て、

変だな?とかオカシイ~と感じて、その訳を知りたがります。

子供でも大人でも、弱い人たちには一定の距離をおいて付き合う



ように、小さいころ教わりました。助けても手伝ってもいいが、

本人が望んでいない事をするのは、とても失礼で自分勝手な事だ!

と親に言われて、弱者に対してはよく理解して、できることが


なければじっと見守ることが大切ということを、知りました。

そこには世界が違いので、やっていいことと悪いことの差が

かなりあるのを、子供の時に知っていたことになります。








近所でも、学校でも、職場でも


私が子供のころ、近所は年寄りだらけで、2~3年に一度は

お葬式でバタバタしていました。また、学校でも、生活が

大変でお風呂にも入らない子や、勉強を全然しない子が何人


かいました。大人になって、会社勤めを始めてから、会話が

できず何を言っているかわからないお客や、黙って何も指示

を出さない先輩がいました。


でも、自分の親はそういう相手に対して、相手の様子をよく

見て困っていると思ったら、手伝いなさいとよく言ってました。

「困った時は、お互いさま~」という言葉が、よくそういう


場面で出てきます。



学校と老人ホームは近い方がよい


小学校や保育園は、先生と事務職員以外は、子供たちだけです。

毎日が、初めてのことを経験する若者であふれていますし、

中にはやり方がわからずに粗相をする子や、自分勝手にいばる


悪がきやぶりっ子のお姫さまもいます。さて、老人ホームを

この保育園や小学校のそばに建てたら、どういうことが起こる

でしょうか?最初は、ジジ・ババ怖いとか子供たちがうるさいとか


お互いが相手を敵視するでしょうけど、だんだん、世代のちがい

を乗り越えて理解しようとするきっかけが出てきます。子供の日や

敬老の日に、お互いが訪問して何か話でもいいし、いっしょに食事


でもいいです。結構、お互いがいろんな話できると思いますが、時代

がずれていて食い違いがでる場合もあります。この機会が、各地で

都市化の波にもまれている地域で特に、失われています。



私は逆に、小学校の時に、地域の年寄りに敬老の手紙を配って歩いた

経験や、近所の年寄りに聞いて作文をさんざ書かされたことがあるので、

なんて自分たちとちがう生活や子供時代を送ったのだろうと


思いました。今、そのご老人たちはみんなお墓の下で、見守っている

のですが、思い出話にどこどこの爺さんはこうだったと、30年立っても

エピソードに事欠きません。



◎この記事に関連する「身障者」の記事◎
不倫さえも武器なる・・・乙武さんの快進撃、身体障害者の未来
身障者 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。